コープみらいが加入するコープネット事業連合は2017年6月にコープデリ連合会に名称変更しました。
このページは旧名称の時期の記事を掲載していますので、「コープネット」としています。

100年後の地球のために…

今、地球で起きていること

世界の森林面積の1年あたりの減少面積 520万ヘクタール
生きものの絶滅スピード(過去から近年) 1000倍
産業革命前から上昇した気温 0.85度

人間の活動により、地球環境が壊れています。

地球温暖化、気候変動、森林破壊、絶滅…。
どこか遠くで起きていることでしょうか。

日本でも地球温暖化の影響と考えられるような異常気象が増え、時に甚大な被害を及ぼしています。

数十年前までたくさんいた身近な生きものが、いつの間にか姿を消していることも。

100年後に生きる子どもたちにも美しい地球を残したい

緑の中で遊ぶ子供たちの写真

私たち人間も、自然の一部です。

100年後にも美しい地球を残すために、私たちは今、何をするべきなのでしょうか。

一人ひとりが地球環境を考え身近なところから行動することを大切に、組合員とともに取り組んでいます。

自然や生きものを好きになろう!

イモ畑で、収穫したサツマイモを持って笑う子どもの写真

地球環境のことを考えるには、まず自然や生きものを好きになることから!

虫採りをする子どもたちの写真
八街の森春まつり 丸太割り体験の写真

コープネットグループの生協では、産直産地の田んぼや畑、地域の森、川、湖など、自然をフィールドにした多彩な体験活動をおこなっています。

子どもの頃に自然の中で遊び、体験した記憶が、きっと未来につながっていきます。

稲刈りをする子どもの写真
話を聞く子供たちの写真
田植えをする子どもの写真

毎日の生活に、地球を気づかうちょっと優しい習慣を

マイバッグを持っている写真

お買いものにはマイバッグ。

店舗リサイクルボックスに資源物を投入している写真
配達担当者に資源物を渡している写真

リサイクルにも協力!(回収品目は生協により異なります)

リサイクルの取り組み

有機JAS 宇治茶を手に取っている写真
オリコンに入ったコアノンロールの写真

同じお茶やトイレットペーパーを買うなら、環境を考えてオーガニックやリサイクル100%のものを。私の選択。

コープの環境配慮商品(日本生協連ホームページ)

スイッチオフの写真

人がいないところは、こまめに照明を消す。

星空の写真

100年後もこんな星空が見られますように。

コープネットグループでは環境省の「ライトダウンキャンペーン」に賛同し、一部店舗で夏至と七夕の夜20時~22時の間、看板照明などのライトダウンを実施します。
また組合員とともにあらためて自分の暮らし方を見直し、身近にできる省エネ対策を考え、行動することを呼びかけています。

Facebookシェアボタン