子育て家庭に利用しやすい事業に

コープみらいでは、子育て家庭向けの商品の充実、コープデリ宅配、店舗での応援制度などを通して、子育てを応援しています。

心もつなぐコープデリ宅配

子どもが小さいと外出がしにくいものですが、玄関先まで商品を届けるコープデリ宅配は、外出しにくい時にも便利です。注文はお子さんがお昼寝中などの都合のいいときにゆっくり買い物ができるので、時間にゆとりができます。

加えて、いつもの担当者との配達の会話が、社会とつながる窓ともなります。子育てには、不安や困りごとがつきないですが、コープデリは、そんなみなさんの苦労も喜びに変えていきたいと考えています。

コープデリ宅配のアンケートに寄せられた声のイメージ

コープデリ宅配のアンケートに寄せられた声

子育て層にさらに利用しやすいサービスが充実

2014年9月から新しい「子育て割引」がスタートしました。母子手帳交付から小学校入学前の子どもがいる方が対象で、小学校入学を迎える年の3月末日まで手数料が全額無料になります。3月20日現在約21万人が利用しています。

「出産おめでとうプレゼント」を開始

コープみらいでは、子育て応援の取り組みの一環として、組合員に限らず、 2015年1月1日以降にお子さまが生まれた方全員に、コープオリジナル商品を含む子育てに欠かせない便利商品を申込者全員に1世帯1回限りプレゼントする「出産おめでとうプレゼント」を2015年3月から開始しました。

「出産おめでとうプレゼント」のイメージ

子育て家庭向け商品専用カタログ

コープデリ宅配に0歳から5歳ぐらいの子どものいる家庭向けのカタログ『きらきらBaby&Kids』があります。 2015年3月末でコープネットグループ全体で61,000人の方にご利用いただいています。

お買い物以外にも育児中の組合員さんの声やレシピ、コラムなど、読んで役立つ情報が満載です。

カタログ「きらきらBaby&Kids」のイメージ

子どものいる家庭向けのカタログ「きらきらBaby&Kids」

インターネットを通じて子育てライフ応援

コープネットグループ各生協のホームページの「地域の子育て応援情報」ページでは、各地域で行われている親子で参加できる子育てイベントの情報を提供しています。

地域の子育て応援情報のページ

地域の子育て応援情報のページ

子どもたち向けの保障共済・ジュニア20コース

20歳以下の子どもたち向けの保障としてコープ共済《たすけあい》ジュニア20コースがあります。2015年度末の加入は299,707件、1年間のお支払いは66,739件、約19億1,574万円に上りました。

加入件数

  2014年度 2015年度
ジュニア20コース 294,777 299,707

料理キットで忙しい家庭を応援

子育て家庭を中心に、忙しさが増している家事を少しでも合理化し、バランスの取れた食生活を送る応援をするために生まれたのが「料理キット『そろってGood!』」です。下ごしらえ済みの食材とたれなどの調味料のセットで、フライパン1つで約20分以内に完成することができます。調理経験の少ない男性でも簡単に作れることで好評です。

現在、コープデリ宅配カタログ「ハピ・デリ!」で毎週14品目を掲載しています。

『そろっGood!』のコーナーのイメージ

「ハピ・デリ!」の『そろっGood!』のコーナー

また、料理キット『そろってGood!』を、週3日から平日毎日お届けするサービスを開始し、2015年3月末で1日あたりの利用人数は1,900人、週に約7,700食をお届けしています。

料理キット『そろってGood!』は、月曜から金曜まで毎日配達のイメージ

料理キット『そろってGood!』は、月曜から金曜まで毎日配達

学童保育・保育園などへの商品のお届け先は約2,800カ所へ

コープデリ宅配では学童保育・保育園などの法人に対して、おやつなどの食材を中心に毎週お届けしています。

2014年度末で学童保育や子ども関連などの2,799施設で利用されています。2014年10月には、法人利用向けの保存版カタログ「wanpaku(わんぱく)」を発行しました。

法人利用施設数

2013 2014
2,534施設 2,799施設

自治体の子育て支援事業に協賛

自治体として子育て家庭を応援する制度があります。コープみらいではその制度に協賛し、店舗に優待カードを持参された方への割引などを行っています。

埼玉県では中学生までの子どもをお持ちの家庭、妊娠中の方がいる家庭を対象に「優待カード」が発行されます。埼玉エリアの店舗は埼玉県の取り組みに協賛し、「パパ・ママ応援ショップ」として優待サービスが受けられます。

積極的に職業体験・社会科見学を受入れ

コープみらいでは、かねてから事業所近隣の学校からの職業体験、社会科見学などを受け入れていました。2014年6月からの集計で2014年度は136件、2,203人となりました。職業体験では、主に中学2年生が占めています。社会科見学は授業との関連で小学3年生が中心で6割となっています。また、特別支援学校からの要請を受け、27カ所の事業所で27人の実習受け入れを行いました。

長年にわたる職業体験の受け入れでミニコープ町田木曽店が町田市から、特別支援学校生の受け入れでコープときわ店が都立町田の丘学園からそれぞれ表彰を受けました。今後も受け入れを広げていきます。

職業体験・社会科見学等の受入れ状況

  受入事業所 件数 人数
職業体験 48 105 324
社会科見学 24 31 1852
特別支援学校実習 27 27 27
※ 横にスクロールしてご覧ください

小学生の社会科見学や夏休み環境教室などの子ども向け企画で使用するように、小学3年生の授業内容に合わせた小学生向けの生協案内「コープみらい探検隊」を作成しました。

「コープみらい探検隊」のイメージ
店舗の売り場で子どもたちが環境配慮商品をチェックのイメージ

店舗の売り場で子どもたちが環境配慮商品をチェック

地域を見守る取り組み「こども110番」*

コープデリ宅配の配達車両は、地域の中を網の目のように通って配達をしています。犯罪を抑止し、被害に遭いそうになった子どもを助けられるよう「こども110 番」のステッカーを車に貼り、子どもや地域社会にアピールしています。もしもの際の対応方法を職員も学び、また、一部店舗やコープの施設でも取り組んでいます。

*千葉エリアでは「こども110番」、埼玉エリアでは「こどもあんぜんパトロール」、東京エリアでは「防犯の目」と呼称。

小学校約300校に、約27,000枚のランドセルカバーを寄贈

コープみらいは、事業エリア(千葉県、埼玉県、東京都)の小学校約300校に、約27,000枚のランドセルカバーを寄贈しました。

この活動は、2010年より、地域の子どもたちの安全を守る社会貢献活動の一環として行っています。寄贈された小学校からは、「目立つ色のため、車の運転者から認識されやすく、交通安全にとても役立っており、助かります」「1年生も、とても喜んで、利用して登校しています。昨年度の当校1年生の交通事故は一度もありませんでした。ランドセルカバーのおかげです」との声が寄せられています。

ランドセルカバーの贈呈数

  2013 2014
学校数 239 309
枚数 19,685 27,303
千葉県浦安市での贈呈式のイメージ

千葉県浦安市での贈呈式(右から2人目:松崎市長)

保育園などで安全運転教室に協力

コープデリ宅配事業では、配送センターの職員が配達地域にある保育園などでの安全運転教室に協力しています。安全運転教室では、車の周りには運転者から死角があることを体験してもらう「死角体験」などを実施しています。

この安全運転教室は、子どもたちにとっての交通安全について学ぶ場であると同時に、配送センターの職員にとっても安全運転に対しての気持ちを新たにする場となっています。

テープを張って、「死角」を見える形にのイメージ

「このテープの中は運転席から見えないんだよ」テープを張って、「死角」を見える形に

運転席で死角を実感のイメージ

「ほんとに見えないんだ~」運転席で死角を実感

子育てひろばの利用は年間6,400組

地域のなかで楽しく親子が集まり、交流する場として「子育てひろば」を身近な地域で開催しています。「子育てひろば」は組合員施設や店舗、公共施設の会議室などで定期的に開催するものや、出前で開催するものもあり、親子で気軽に参加できるところから、地域の中で認知が広がっています。

子育てひろば開催数と利用親子(組数)

2013 2014
開催回数 利用親子(組数) 開催回数 利用親子(組数)
904 6,864 925 6,433
※ 横にスクロールしてご覧ください

子育て支援拠点事業の利用は43,000組に

コープみらいでは、自治体から「地域子育て支援拠点事業ひろば型」の運営を受託しています。

子育て支援拠点事業の拠点数と利用親子(組数)

2013 2013
拠点数 開催回数 利用親子
(組数)
拠点数 開催回数 利用親子
(組数)
10 2,369 45,270 10 2,354 43,913
※ 横にスクロールしてご覧ください
  • 「元気なひろば」は指定管理者としてファミリー・サポート・センターもあわせて受託しています。
子育てひろばのイメージ

公共施設での子育てひろば運営を受託(コープみらい)

子育てシンポジウムを開催

コープみらいでは「子どもたちの明るい未来のために」を共通テーマに、3エリアでそれぞれの地域にあわせたテーマで子育てシンポジウムを開催しました。

シンポジウムには合計400名ほどの参加者があり、「毎日の育児で、少し不安を感じていましたが、今日の参加で、また育児を楽しもうと思いました」などの感想が寄せられました。

  テーマ 参加
千葉エリア みんなで支え、楽しむ、子どもの育ち 179人
埼玉エリア 地域で子育て みんな笑顔! 109人
東京エリア 地域の力で子育て支援
~心のゆとりを大切に~
111人
子育てシンポジウムのイメージ

多くの参加で好評だった子育てシンポジウム

すくすくスクール※へ出前講座を実施

2015年1月~ 3月にかけて、江戸川区の小学校で開催されている「すくすくスクール」で依頼のあった10校で「防災リュックに何入れる?」と「おつかいすごろく」の出前講座を行いました。
これは、自治体訪問の会話から実現したものです。

  • すくすくスクールとは江戸川区教育委員会が区内の小学校で放課後や学校休業日に展開している事業。校庭・体育館などを利用して遊びや学び・集団生活などを通して子ども自らが発想し、コミュニケーション力を高め、年齢に応じた自立をめざす。

企画での託児

実施している企画のうち、子育て層の参加する企画では託児を行い、子育て中の親が参加できるようにしています。 2014年度にはコープ会やさまざまな企画で7,889人の託児を行いました。