循環型社会の実現に向けて

事業活動から発生する廃棄物の抑制に努め、組合員と協力し、資源物の回収・リサイクルを推進しています。

レジ袋の削減~マイバック持参

コープみらいの店舗では、1990年代から組合員にお買い物でのマイバック持参を呼びかけてきました。2013年度下期からは、レジ袋を2円の有料で販売する方式に統一し、レジ袋の削減を推進しています。 2015年度のレジ袋辞退率は83.6%で、節約できたレジ袋の枚数(レジ袋想定削減枚数)は56,799,535枚になります。

コープみらいのレジ袋辞退率※1

年度 2013※2 2014 2015
辞退率 84.2% 83.8% 83.6%
  • 1 レジ袋辞退率は来客数に対するレジ袋未利用者数の割合です。
  • 2 2013年度は対象店舗がすべてレジ販売方式に切り替わった下期の実績を記載しました。

レジ袋想定削減枚数※3

ドラム缶のイラスト

5,679万9,535枚(CO2削減量1,998t-CO2相当)

原油換算で200Lドラム缶3,372本相当

  • 3 レジ袋想定削減枚数はレジ袋利用者一人当たりの実績1.2枚にレジ袋未利用者数を乗じて算出しました。
  • ※ レジ袋のCO2削減量と原油換算値は環境省が提供する「3R行動見える化ツール(平成28年3月版)」を基にしました。

容器包装はさらに減らす取り組みを推進

コープみらいで使用する主な容器包装は、宅配商品を運ぶ通い箱の内袋(ポリ袋)、店舗インストアの食品トレー、レジ袋です。2015年度は冷凍品・農産品・常温品の通い箱内袋とレジ袋・ロールポリ袋が前年比較で増加しました。

原単位*前年比の5カ年平均(2011年~ 2015年)ではプラスチック製容器包装は99.14%、紙製容器包装は76.68%で、目標(100%未満)を満たしています。

※原単位:供給高百万円当たりの容器包装量

2015年度の容器包装使用状況

※ 横にスクロールしてご覧ください

  使用量(kg) 前年差(kg) 原単位 5年度間平均原単位変化
プラスチック製の容器包装 2,087,459 87,108 5.7 99.14
うち、プラスチック製の袋 1,492,612 63,139
紙製の容器包装 10,317 509 0.028 76.68
うち、紙製の袋 3,693 ▲55

食品廃棄物のリサイクル

店舗で発生する賞味期限切れ商品や食品残さなどの食品廃棄物は、発生抑制に努めたうえで、飼料や肥料、バイオガス(メタン)などにリサイクルしています。

(1)賞味期限切れ商品や食品残さ 飼料、肥料、バイオガス
(2)魚アラ 飼料、魚油
(3)使用済み食用 油肥料、BDF(バイオディーゼル燃料)

コープみらいの食品廃棄物リサイクル率

  2012 2013 2014 2015
リサイクル率 78.1% 80.6% 86.1% 85.3%

※発生抑制量は加味していません。

組合員の方が資源物品の分別を行っている様子の写真

組合員の方が資源物品の分別を行っています

コープネットエコセンターでリサイクル作業を行っている写真

コープネットエコセンターでリサイクル作業を行っている様子

ブロック状になった発泡スチロール等の減容物の写真

ブロック状のものは発泡スチロール等の減容物

朝のエコセンターの様子

店舗や宅配センターからの資源物が集積されたコープネットエコセンターの朝の様子

組合員の方々の協力でリサイクルを推進

コープみらいの2015年度回収量(CO2削減量計:21,065トン-CO2)

コープみらいの2015年度回収量の図
  • ※回収リサイクルによるCO2(二酸化炭素)削減量は、環境省が提供する「3R行動見える化ツール(平成28年3月版)」を基に算出しました。
  • ※ボトルキャップも回収しています。詳しくはこちらで紹介しています。

納品車両の戻り便でCO2を削減

店舗・宅配それぞれの事業所から資源物をコープネットエコセンターへ回収する際、事業所への商品納品後の戻り便である空荷のトラックを活用すること(静脈物流)で、回収用車両を別に運行しなくても済むため、効率的にCO2の排出を抑えています。

エコセンターとリサイクルの図