循環型社会の実現に向けて

事業活動から発生する廃棄物の抑制に努め、組合員と協力し、資源物の回収・リサイクルを推進しています。

レジ袋の削減~マイバック持参

レジ袋の削減 マイバック持参コープデリグループの店舗では、1990年代から組合員にお買物時のマイバッグ持参を呼びかけてきました。有料レジ袋のレジでの販売や、レジ袋辞退者へのキャッシュバックにより、削減を進めています。

コープデリグループのレジ袋辞退率*1

2015年 2016年
81.9% 81.6%
  • *1 レジ袋辞退率は来客数に対するレジ袋未利用者数の割合です。
  • *2 レジ袋想定削減枚数はレジ袋利用者一人当たりの実績1.2枚にレジ袋未利用者数を乗じて算出しました。

レジ袋想定削減枚数*2

6,546万6,534

CO2削減量 2,496t-CO2相当

原油換算で200Lドラム缶
4,216本相当

ドラム缶のイラスト
  • ※ レジ袋のCO2削減量と原油換算値は環境省が提供する「3R行動見える化ツール(平成28年3月版)」を基にしました。

お店で出た食品廃棄物をリサイクルします

発生抑制に努めてもどうしても出てしまう、期限切れ商品や食品残さ等の食品廃棄物は、飼料や肥料、魚油、バイオガス、BDF(バイオディーゼル燃料)にリサイクルしています。
産直産地の埼玉産直センター、川越地域生協出荷組合などでは食品残さを堆肥に活用しています。

コープみらいの食品廃棄物リサイクル率

リサイクル率(%)
2012 78.1
2013 80.6
2014 86.1
2015 85.3
2016 85.5

宅配・店舗を通じた資源物の回収・リサイクル

宅配・店舗でお届した容器・包装や、カタログ・チラシを、宅配・店舗を通じて回収し、再生品の原料として活用する取り組みを進めています。

コープデリグループの2016年度回収量(CO2削減量計:31,560トン・CO2)

※ 横にスクロールしてご覧ください
  宅配 店舗
回収品目
商品とカタログのお届けポリ袋
商品とカタログ
のお届けポリ袋
商品カタログチラシ
商品カタログ
チラシ
アルミ缶
アルミ缶
用途
パレット、車の部品など
パレット、
車の部品など
再生紙の原料
再生紙の原料
アルミ缶、サッシなど
アルミ缶、サッシなど
回収量
(kg)
551,839 39,238,599 153,613
前年比
(%)
104.3 104.9 107.5
CO2削減量
(t-CO2)
1,435 22,758 1,321
※ 横にスクロールしてご覧ください
  宅配・店舗
回収品目
飲料用紙パック
飲料用紙パック
ペットボトル
ペットボトル
食品発泡トレー(店舗のみ食品透明トレーも回収)
食品発泡トレー
(店舗のみ食品
透明トレーも回収)
たまごパック

たまごパック

用途
トイレットペーパー・ティッシュペーパー
トイレットペーパー・
ティッシュペーパー
ペットボトル・たまごパック・ユニフォームなど
ペットボトル・たまご
パック・ユニフォームなど
建材・ベンチ(芯材)・プラスチック製品
建材・ベンチ(芯材)・
プラスチック製品
たまごパック、フルーツケースなど
たまごパック、
フルーツケースなど
回収量
(kg)
927,260 953,418 234,126 182,479
前年比
(%)
87.6 100.4 112.5 106.5
CO2削減量
(t-CO2)
464 3,432 1,475 675
※ 横にスクロールしてご覧ください
  • ※回収リサイクルによるCO2(二酸化炭素)削減量は、環境省が提供する「3R行動見える化ツール(平成28年3月版)」を基に算出しました。
  • ※ボトルキャップも回収しています。

森林組合との事業提携による、持続可能な豊かな森づくり

コープデリ連合会とその子会社である株式会社コープサービス、飛騨高山森林組合の三者は、2015年4月に、飛騨高山の森林を整備・維持することを目的に「健全で豊かな飛騨高山の森づくりを進める共同宣言」を締結しました。飛騨高山森林組合から借り受けている「コープハウジングの森」では、コープサービスの住宅事業部コープハウジングを利用して、飛騨高山のヒノキやスギを建築材料とした住宅を施工された組合員により、植樹を行っています。
コープデリ連合会では、これからも植える、育てる、使うという循環サイクルを大切にし、生産者の顔が見える住宅建材を使用することで、森林組合と消費地をつなぎ、持続可能な豊かな森づくりを進めます。

植樹をおこなっている様子の写真
植樹に参加をして方々の写真