平和の取り組み

ヒバクシャ国際署名にご協力をお願いします

ヒロシマ・ナガサキの被爆者が訴える核兵器廃絶国際署名
            被爆者は核兵器廃絶を心から求めます

コープみらいは、核兵器のない世界の実現に向けて、「ヒロシマ・ナガサキの被爆者が訴える核兵器廃絶国際署名」(通称:ヒバクシャ国際署名)に取り組みます。ヒバクシャ国際署名は、平均80歳を超えている被爆者が「後世の人々が生き地獄を体験しないように、生きている間に何としても核兵器のない世界を実現したい」という想いから始まっています。被爆者の想いに共感し、核兵器廃絶を世界に呼びかける署名です。

ご賛同いただいた署名はヒバクシャ国際署名連絡会を通じて国連に提出します。より多くの方のご協力をお願いします(Web上からの署名も可能です)。

戦後・被爆70年の節目に、NPT再検討会議へ組合員・職員を派遣

核兵器のない世界の実現に向けた平和活動の一つとして、2015年4月にアメリカ・ニューヨーク市で開催された「NPT(核不拡散条約)再検討会議」の生協代表団の一員として、コープネットグループから組合員理事・職員5名(ほかに労働組合からも7名、計12名)を派遣しました。生協団体は、各国のNGOとの共同集会や平和パレードに参加したほか、国連本部のロビーで開催された原爆パネル展において、日本原水爆被害者団体協議会とともに、被爆の実相を伝える活動をしました。

平和パレードに参加している様子

核兵器のない世界の実現に向け、理事長連名で意見や声明を発信

コープみらいとコープネット事業連合の会員6生協は、唯一の被爆国である日本が、世界の核軍縮交渉を推進する役割を果たすべきであると考え、理事長連名で声明を発表しました。

理事長連名の声明

コープみらい平和の旅

平和の大切さを想い、二度と戦争を起こさない社会づくりに向け、平和行進、戦争展、戦跡めぐりなどを通じ、発信や行動を広げました。 「平和の旅募金」はヒロシマ・ナガサキ・オキナワ平和の旅の実施費用の一部として全額活用しました。

2017年度「オキナワ平和の旅」開催報告はこちら 2017年度「ヒロシマ・ナガサキ平和の旅」開催報告はこちら
ヒロシマ平和の旅の様子

ヒロシマ平和の旅の様子(原爆の子の像に献鶴)

コープみらい平和の旅募金

「くらし」の基本は平和であることです。コープみらいは、平和の大切さを次世代に継承するために「知り、学び、伝える」ことを大切にし、オキナワ・ヒロシマ・ナガサキ平和の旅などの学びや体験を通じて、平和について考える機会を広げています。

皆さんの“子どもたちに平和の大切さを伝えたい”という気持ちや願いを、「平和の旅募金」に託してみませんか。

「平和の旅募金」は、核兵器や戦争の悲惨な事実を次世代に伝えるために、平和について組合員どうし、また親子で考える機会として、実施しているオキナワ・ヒロシマ・ナガサキ平和の旅に活用させていただきます。

募金のお申し込み

【店舗やコーププラザにて設置している募金箱でお預かりしております】

9月20日(水)まで

【コープデリのOCR注文用紙、eフレンズからお申し込みいただけます】

9月22日(金)まで(eフレンズでは9月23日(土)まで)
下記の6ケタ申込番号と口数をご記入ください。

286524 1口 1,000円
286419 1口 100円

※この募金は、税務上「寄付金控除」の対象になりません

オキナワ平和の旅の写真

オキナワ平和の旅

ヒロシマ平和の旅の写真

ヒロシマ平和の旅

ナガサキ平和の旅の写真

ナガサキ平和の旅

2016年度の平和の旅募金の報告

2016年度、寄せられた「平和の旅募金」は、82万2,475円でした。

募金は「2016年度オキナワ・ヒロシマ・ナガサキ平和の旅」に活用させていただきました。平和の旅には計63名の組合員とその家族が参加し、旅での体験を通して平和の大切さを学ぶことができました。ご協力ありがとうございました。

コープみらいが加入するコープネット事業連合は2017年6月にコープデリ連合会に名称変更しました。
このページは旧名称の時期の記事を掲載していますので、「コープネット」としています。