平和の取り組み

2016年度 平和の旅募金

「くらし」の基本は平和であることです。コープみらいは、次世代に継承していくなど「知り、学び、伝える」ことを大切にして、オキナワ・ヒロシマ・ナガサキ平和の旅などの学びや体験を通じて、平和の大切さを考える機会を広げています。
皆さんの"子どもたちに平和の大切さを伝えたい"という気持ちや願いを、「平和の旅募金」に託してみませんか。

「平和の旅募金」は、核兵器や戦争の悲惨な事実を次世代に伝えるために、平和について組合員同士、また親子で考える機会として実施しているオキナワ・ヒロシマ・ナガサキ平和の旅に活用させていただきます。

【報告】2015年度、寄せられた「平和の旅募金」は、127万4,914円でした

募金は「2015年度オキナワ・ヒロシマ・ナガサキ平和の旅」に活用させていただきました。平和の旅には計63名の組合員とその家族が参加し、旅での体験を通して平和の大切さを学ぶことができました。ご協力ありがとうございました。

オキナワ平和の旅の様子

オキナワ平和の旅

ヒロシマ平和の旅の様子

ヒロシマ平和の旅

ナガサキ平和の旅の様子

ナガサキ平和の旅

募金のお申し込み

今年度の平和の旅募金の受付は終了しました。
ご協力ありがとうございました。
募金金額については現在集計中のため、あらためてご報告いたします。

平和の旅

核兵器や戦争の悲惨な事実を次世代に伝え、風化させないために組合員同士、また親子で平和を考える機会として「オキナワ平和の旅」(3月)「ヒロシマ・ナガサキ平和の旅」(8月)を実施しています。

実際に被爆地や戦跡を訪れて核兵器や戦争の悲惨な事実を学び、戦争体験者のお話を聞いたり、全国の生協の仲間と平和活動の交流を行ったりしています。

オキナワ平和の旅(3月)

平和の礎の写真

平和の礎

参加者の感想

戦闘のあった高地へ行きました。この3日間で戦争をしたらどうなるか、目だけでなく耳でも知ることができました。嘉数高台からは、普天間基地をこの目で見ることができ、本当に近くに家があることがわかりました。(中学2年生)

元ひめゆり学徒隊の方にお話を聞きました。その方のお話には、「戦う前に話し合って互いを理解すること。」というものがありました。私はそれは戦争だけにかぎらず、日常での言論やけんかなどにもつながる事ではないかと思いました。(小学6年生)

「オキナワ平和の旅体験交流会」を開催しました 「2016年オキナワ平和の旅」を開催しました

ヒロシマ平和の旅(8月)

原爆の子の像の前で集合写真

原爆の子の像

参加者の感想

被爆された方の証言を聞いたり、平和記念式典に参加することができたので、ぼくにとって貴重な体験ができました。戦争の生々しい光景を見て、もう二度と戦争をしてはいけないと考えさせられました。(小学6年生)

まだまだ知らなければならない事実があることを改めて感じました。想像を絶する悲惨な状況が広島の地では本当にあったのだと・・・。自分がその時その場にいたとしたら・・・。幼い子どもたちが犠牲になり、その子どもが自分の子どもだったとしたら・・・。いろいろと重ねて考えてみると本当に心が痛み苦しくなりました。(保護者)

「ヒロシマ・ナガサキ平和の旅体験報告交流会」を開催しました 「2016年コープみらいヒロシマ・ナガサキ平和の旅」を開催しました

ナガサキ平和の旅(8月)

平和祈念像の前で集合写真

平和祈念像

参加者の感想

原爆で多くの人の命が奪われたので悲しいです。こんなに多くの人の命が奪われ、ケガをしたなんて知りませんでした。戦争の無い、平和な世界にしていきたいです。(小学4年生)

平和な日々が一番の幸せであると気付かされました。長崎の町に原爆が落とされ、人々があんなにも無残に亡くなり、またその後の後遺症に悩まされたり、あってはならないことです。核兵器の無い世界になって欲しいです。(保護者)

「ヒロシマ・ナガサキ平和の旅体験報告交流会」を開催しました 「2016年コープみらいヒロシマ・ナガサキ平和の旅」を開催しました

東京の戦跡めぐりのご案内

  • 1.東京大空襲の被災地を歩く(両国~浅草寺)コース
    (両国駅~横網町公園~墨田区役所オブジェ~言問橋~墨田区公園~浅草寺)
  • 2.東京大空襲の被災地を歩く(森下~戦災資料センター)コース
    (森下駅~弥勒寺~菊川小学校~夢違え地蔵尊~戦災資料センター)
  • 3.靖国神社とその周辺コース
    (九段下駅昭和館前~九段会館~靖国神社境内~千鳥ヶ淵戦没者墓苑)
  • 4.新宿区戸山~早稲田コース
    (高田馬場駅~戸山公園と周辺の陸軍関連施設跡~国立感染症研究所(納骨施設)~感通寺)
  • 5.中島飛行機武蔵製作所跡地周辺コース
    (柳沢公民館~源正寺~都立武蔵野中央公園~東伏見稲荷神社)

お申し込み・お問い合わせについて

  • 10人程度のグループにつきガイド1人が目安です。(少人数でも可)
  • ガイド料はガイド1人につき3,000円になります。
  • 希望日の2カ月前までにお申し込みください。お申し込み後にあらためて事務局よりご連絡させていただきます。
  • 日程やガイドの状況により、ご要望にはお応えいたしかねる場合があります。ご了承ください。
お問い合わせ・申し込み先

コープみらい東京都本部 参加とネットワーク推進室

  • 03-5385-6035

ヒロシマ・ナガサキ「原爆と人間」パネルの貸し出しについて

若い世代が平和への関心を高め、核兵器のない社会の実現を目指すことの大切さに気付く機会となるように、「原爆と人間」パネル貸し出しの取り組みを行っています。

ヒロシマ・ナガサキ「原爆と人間」パネルとは?

第1部「あの日あのとき」(16枚) 第2部「核被害の広がり」(7枚) 第3部「ふたたび被爆者をつくるな」(7枚) で構成されます。 従来の古いパネルに比べ、若い人にもわかるように解説をつけるなど内容も刷新しました。

広島、長崎、ビキニ、さらにまた福島(原発事故)で核被害が起きた被爆67年だからこそ語れるものもあります。
被爆者が高齢化し動けなくなるなか、最後になるかもしれないという思いのこもったパネルとなっています。

お申し込み

千葉エリア

お電話にてお申し込み下さい。その後、貸し出し依頼書をお送りします。
コープみらい千葉県本部  参加とネットワーク推進室

埼玉エリア

お電話にてお申し込み下さい。
コープみらい埼玉県本部  参加とネットワーク推進室

東京エリア

以下貸し出し依頼書を下記までお送りください。

コープみらい東京都本部  参加とネットワーク推進室

  • 03-5385-6035