地域包括ケアシステムへの貢献

厚生労働省が推進する「地域包括ケアシステム」では、団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、地域の包括的な支援・サービスの提供体制の実現をめざしています。

コープネットグループでは、この「地域包括ケアシステム」に沿った、「住み慣れた地域、住み慣れた住まい」を中心に、コープデリ宅配事業、店舗事業、サービス事業、介護事業、参加とネットワークの活動などの総合力を生かした取り組みを進めています。

地域包括ケアシステムのイメージ