福祉・介護事業と助け合いの活動

地域の中で安心してくらせるよう介護事業と組合員によるボランティアの連携で、たすけあいのネットワークづくりを進めています。

一人ひとりにあわせた介護サービス事業を推進

介護保険制度で定められた各種の介護サービス事業を実施しています。介護が必要になった方でも住み慣れた自宅や地域で家族と一緒に、いきいきと安心してくらせるよう、サポートしています。

介護サービス事業所数

(カ所)

ケアプラン
作成
ヘルパー
派遣
障害者
福祉
デイ
サービス
訪問看護 サービス付
高齢者向け
住宅
合計
20 22 10 9 1 1 63

組合員同士が支え合う たすけあいの活動

病院の順番取り、留守中の花木の水やりやペットの世話など、くらしの中でちょっとした手助けが必要な時に組合員同士が支え合う、たすけあいの活動を行っています。コープみらいの2014年度の活動時間は、78,804時間でした。

  2012 2013 2014
活動時間 81,191 85,251 78,805
「くらしのたすけあいの会ミニハート」全体交流会のイメージ

たくさんの会員が参加した「くらしのたすけあいの会ミニハート」全体交流会

コープみらい初のサービス付高齢者向け住宅を開設

2014年8月、千葉県四街道市内にコープみらいで初のサービス付き高齢者向け住宅「コープみらいえ四街道」を開設しました。

この住宅には24時間365日スタッフが常駐し、見守りサービスを実施、コープの食材を使って食事を作ります。 また、四街道介護センターを併設し、入居者はもちろん、地域住民の方も安心して暮らせるよう、訪問介護や居宅介護支援、訪問看護、デイサービスなどを行います。なかでも「定期巡回、随時対応型訪問介護看護」は、地域住民の方も利用できる24時間対応の介護・看護サービスとして期待されています。

現在、東京都中野区にサービス付高齢者向け住宅の開設準備を行っています。

サービス付高齢者向け住宅の外観のイメージ

サービス付高齢者向け住宅の外観

生協のヘルパーさん料理コンテストで最優秀賞を受賞

全国生協の介護ヘルパーが利用者に提供する料理を披露する「H1グランプリ」の決勝大会で、コープみらい川口介護センター成田明子さんが肉部門の最優秀賞を受賞しました。
※「H1」の“H”はHelper(ヘルパー)の頭文字です。

成田さんのイメージ

「利用者さん宅の冷蔵庫にある限られた食材で食事を作るのは大変ですけど、続けてきたことが認められてすごくうれしかったです。」と成田さん