ワークライフバランス・多様な人材の活用

女性職員が活躍できる職場づくり

男性も女性もすべての職員がいきいきと働き続けられる職場づくりをめざし、アクションプログラムを作成して進めています。正規職員の女性比率を向上させるために男女比率を意識した採用活動を行うとともに、幹部職員の女性比率向上にも意欲的に取り組んでいます。

2016年度の女性正規職員比率は、コープデリグループ全体で14.2%でした。また、2016年度の女性幹部比率は、コープデリグループ全体で9.1%でした。

女性職員比率(コープみらい・コープデリ連合会)

  2012 2013 2014 2015 2016
女性職員比率 13.20% 13.00% 13.10% 14.30% 14.80%
女性幹部職員比率 9.10% 9.30% 9.30% 9.40% 10.20%

事業所内保育室

コープみらいでは2007年の1カ所目開設以来2015年度までにコープデリ宅配センターに6カ所、店舗に1カ所の事業所内保育室を開設しています。子育てしながら働く職員から「安心して働ける」と喜ばれています。

保育室でのクリスマス会の様子のイメージ

保育室でのクリスマス会の様子

育児・介護支援制度

コープみらいとコープデリ連合会は育児・介護支援のための、さまざまな制度を整備して、職員の多様化するワークスタイルを積極的に支えています。

出産・育児を支援する制度

妊娠判明時時短 1日1時間(7カ月目からは2時間)取得可能
つわり休暇 半日単位で通算14日間取得可能
出産休暇 産前7週間以内、産後8週間
育児休職 4月1日時点で、子どもが満3歳になった後の5/10まで取得可能
育児時短勤務 子どもが小学校4年生まで取得可能
・労働時間短縮(2時間以内)、繰上げ繰り下げ
・フレックス勤務制度適用可能(一部生協除く)

育児休業・育児短時間勤務(コープみらい・コープデリ連合会)

※ 横にスクロールしてご覧ください
    2012 2013 2014 2015 2016
育児休業 女性 23人 42人 26人 27人 33人
男性 5人 3人 5人 1人 1人
育児時短 女性 24人 10人 20人 53人 73人
男性 1人 1人 3人 0人 4人
  • 開始日が含まれる年度でカウント

介護を支援する制度

介護休職 対象家族1人につき通算365日取得可能
介護休暇 対象家族が1人の場合は年間5日、2人以上の場合は年間10日、半日単位で取得可能
介護時短勤務 ・労働時間短縮(2時間以内)、繰上げ繰り下げ
・フレックス勤務制度適用可能(一部生協除く)

介護休業・介護短時間勤務(コープみらい・コープデリ連合会)

※ 横にスクロールしてご覧ください
    2012 2013 2014 2015 2016
介護休業 女性 10人 21人 22人 42人 36人
男性 0人 3人 2人 3人 7人
介護時短 女性 0人 0人 2人 5人 3人
男性 0人 0人 0人 0人 1人
  • 開始日が含まれる年度でカウント

男性育児休業取得者の声より

  • 復職後は子育て世代の組合員さんと共感できる気持ちが持てるようになったことが大きな財産です。
  • 子どもと接する時間を十分に取ることができ、夫婦の負担を分け合うことで精神的にゆとりが生まれることが、育休の利点だと思います。
育休取得中の様子のイメージ

育休取得中の様子

子ども参観日

コープみらい・コープデリ連合会では次世代育成支援の一環として、毎年夏休みに「子ども参観日」を実施しています。2016年では51事業所で156人のお子さんが参加しました。父母の仕事をお子さんが体験することで「仕事をすること」を学び、お子さんは父母への尊敬の気持ち、父母は子どもの成長ぶりに驚くなどの感想が寄せられました。

子ども参観日のイメージ
子ども参観日のイメージ
子ども参観日のイメージ
子ども参観日のイメージ

参加日の様子

子ども参観日参加状況(コープみらい・コープデリ連合会)

※ 横にスクロールしてご覧ください
  2012 2013 2014 2015 2016
事務所数 36 52 52 49 51
参加人数 165人 196人 220人 179人 156人

参加者の感想より

  • トラックの荷台に乗ったり降りたりで足腰にくるし、母はとても大変な仕事を朝早くからしているんだと感じました。私たちのために働いてくれている母に感謝しなければいけないと思いました。(高2)
  • コープの人たちがやさしくしてくれたので、お店の仕事はつらかったけど楽しかったです。それと父が頑張っている姿を見れてよかったです。(小4)
  • 復職後は子育て世代の組合員さんと共感できる気持ちが持てるようになったことが大きな財産です。
  • 一緒に同じ時間を経験することがなかなか無いので、子どもと時間を共有できて良かったです。1年1年変わっていくわが子が楽しみです。(母)
  • 朝から夕方まで職場にいて飽きないかという親の心配をよそに、当日はとても楽しく参加していました。子どもとの距離を縮める、とてもよい機会になり、感謝です。(父)
  • 私の仕事の様子を見て、大人になったら生協に勤めてトラックに乗りたいと言ってくれたことが嬉しかった。(母)

定年者の再雇用

コープみらい・コープデリ連合会では正規職員の定年は63歳ですが、58 ~ 63歳の間で自身で定年を選べる選択定年制度を設けています。定年後は再雇用制度があり、希望者全員が再雇用されて活躍しています。職場では若手職員の手本となり、後進育成の役割も担っていただいています。

障がい者雇用

コープみらい・コープデリ連合会では、障がい者の法定雇用率を達成するだけでなく、障がいの有無を超え、ともに働く仲間として認め合う職場づくりをめざしています。特別支援学校やハローワーク、地域支援施設などの公的機関やNPO法人と協力し、2016年度は8人を新たに採用しました。

2016年度末で、コープみらい・コープデリ連合会では159人の障がい者の方々を雇用しており、法定雇用率はそれぞれ2.39%、3.36%となりました。

障がい者雇用率

※ 横にスクロールしてご覧ください
  2012 2013 2014 2015 2016
コープみらい 2.36% 2.29% 2.73% 2.59% 2.39%
コープデリ連合会 0.85% 2.00% 3.50% 3.47% 3.36%

コープみらいが加入するコープネット事業連合は2017年6月にコープデリ連合会に名称変更しました。
このページは旧名称の時期の記事を掲載していますので、「コープネット」としています。