【新宿区】学習会「介護における保険原理主義の破綻 ~低所得、無貯蓄高齢者の急増~」(新宿消費生活センター分館)

2018年7月27日

「コープみらい地域クラブ」が独自に企画した活動を紹介します

1990年代後半以降、我が国の高齢者数は約1.7倍、高齢者のみで暮らす人々は約2.3倍となった。更に現役世代の所得低下、女性の労働力率上昇が生じ、身内が高齢者の生活を支える条件が悪化した。結果的に困窮高齢者が増大したが、一方で困窮する高齢者の生活を支える筈の介護、医療領域で利用を抑制する方向で制度改革が図られて来ている。改めて社会保険制度のあり方を考えたい。

【主催】地域クラブ「暮らしを考える会(新宿)」

【講師】後藤 道夫さん(都留文科大学名誉教授)

※5/21からの受付となります。

日時 7月27日(金)13時30分~15時30分
場所 新宿消費生活センター分館会議室(新宿区高田馬場1-32-10)
参加費 500円(資料代として)
定員 先着20名(申し込み後、欠席される場合は必ず下記までご連絡ください)
締切 7月26日(木)
申込方法 下記までお電話もしくはFAX(連絡先をご記入ください)でお申し込みください。なお留守番電話で対応することがあります。必ず連絡先を入れてください。
                   

アクセス方法

JR山手線高田馬場駅 戸山口より徒歩約2分

お問い合わせ・お申し込み先

暮らしを考える会(新宿)小林 電話・FAX03-3203-2951 

開催場所(集合場所)で探す

テーマで探す

託児の有無