【立川市】近現代史「なぜ植民地や戦場の様子が 語られなかったのか」 (コーププラザ立川)

2018年6月30日

 平和な社会をめざして

かつて植民地だった朝鮮や台湾の様子や戦場の様子が日本で語られないのはなぜでしょうか。当時の海外の様子や朝鮮での三・一独立運動、満蒙開拓団についても学びます。悲惨な戦争を体験した人々が望んだのは何だったのか、日本国憲法の誕生と絡めて共に考えましょう。お申し込みは不要です。

【主催】地域クラブ「平和ガイド連絡会」(協力:地域クラブ「平和ガイド各コース(両国・森下・新宿・靖国・武蔵野)クラブ」)

【講師】東海林 次男さん(東京都歴史教育者協議会会長)

もっと知りたい! 近現代史~「明治150年」の真相~というテーマで全11回の講座を予定しており、今回は2回目の開催です。次回は7月28日(土)15:00~17:00 専修大学神田キャンパスにて、弁護士の伊藤真さんをお呼びして日本国憲法について学びます。

日時 6月30日(土)13時30分~ 16時00分
場所 コーププラザ立川(立川市曙町1-21-1 ユニゾ立川ビル地下 1階)
参加費 大人300円、学生無料
定員 50名(お子さんの同伴可)
                   

アクセス方法

JR「立川駅」北口より徒歩約8分

お問い合わせ・お申し込み先

コープみらい東京都本部 参加とネットワーク推進部 03-3382-5665 受付9時00分~17時00分(土・日・祝休)

開催場所(集合場所)で探す

テーマで探す

託児の有無