コープみらい多摩の森の様子

コープみらい多摩の森周辺の森は、もともとは建材や薪に利用するための木を育てていたそうです。ガスの普及や海外の安い建材の流通の影響を受け、この30~40年ほど放置されていました。
コープみらい多摩の森の活動では、現在の森の姿を大きく改修することはせず、あるがままの森を活かした環境の取り組みを進めます。

コープみらい多摩の森の様子

森への入り口

  • 森への道 森への道はガードレールの無い橋を2つ渡ります。すれ違いポイントが少ないのでご注意ください。
  • >駐車スペース 森の入り口前に7台分の駐車スペースがあります。利用の無い時はプラチェーンを張っています。
  • 多摩の森の入り口 多摩の森の入り口です。森の奥に続く道は、山菜取りやマウンテンバイクのツーリングなど、市民が利用しているようです。

森の様子 1

森の奥には倒木や折れた木など、森が長い間放置されていた様子が見られます。

  • コープみらい多摩の森イメージ
  • コープみらい多摩の森イメージ
  • コープみらい多摩の森イメージ
  • コープみらい多摩の森イメージ
  • コープみらい多摩の森イメージ

森の様子 2

  • 通年湧き水のイメージ コープみらい多摩の森では通年湧き水が出ています。
  • 通年湧き水のイメージ 多摩の森の北側には小川があります。

森の様子 3

季節ごとにさまざまな森の姿が見られます。

  • 季節ごとのさまざまな森の姿のイメージ
  • 季節ごとのさまざまな森の姿のイメージ
  • 季節ごとのさまざまな森の姿のイメージ
  • 季節ごとのさまざまな森の姿のイメージ
  • 季節ごとのさまざまな森の姿のイメージ
  • 季節ごとのさまざまな森の姿のイメージ