コープみらいとは

お買い物・サービス

コープの商品

社会的な取り組み

参加・イベント

「コープみらい オキナワ平和の旅」を開催しました報告

2016年4月26日

3月29日~31日に、「コープみらい オキナワ平和の旅」を開催し、小中学生7人を含む、24人が参加しました。

参加者は、沖縄戦の証言を聞いたり、ボランティアガイドの案内で各地に残る戦跡や基地移転問題で注目されている辺野古などを巡りました。過去の戦争の実相や現在の沖縄の状況に触れることを通じて、戦争の悲惨さや平和の大切さを学ぶことができました。

沖縄戦体験者の方の証言を聞きました

沖縄戦体験者の方の証言を聞きました

日本軍の陣地壕や南風原陸軍病院の分室として使われた壕

日本軍の陣地壕や南風原陸軍病院の分室として使われた壕

魂魄の塔(慰霊の塔)で平和への想いを込めた折鶴を献鶴しました

魂魄の塔(慰霊の塔)で平和への想いを込めた折鶴を献鶴しました

辺野古の浜でボランティアガイドの方から基地問題についてお話しを聞きました

辺野古の浜でボランティアガイドの方から基地問題についてお話しを聞きました

【参加者の感想から】

  • 対馬丸事件のDVDを観て、1944年の悲劇がよくわかりました。それを学校の友達に教えたいです。なにもかも失うのが戦争なので、ぜったいやってはいけないと、くわしくおしえてもらってよかったです。(小学4年生)
  • 平和に暮らしていることが当たり前ではなかったことを知り、今私が平和に暮らせていられることに感謝したいと思います。全世界が平和になることを祈っています。(中学2年生)
  • 過去の過ちを二度と繰り返さないように日本から世界に発信していかなければならないと思います。もう罪のない人々を傷つけないためにも、明るい未来のためにも、自分にできることを一つひとつ行動していきます。まず、今回体験したことを家族や友人に話すことから始めます。(大人)

コープみらいは、次世代に継承していくなど「知り、学び、伝える」ことを大切にして、オキナワ・ヒロシマ・ナガサキ平和の旅など学びや体験を通じて平和の大切さを考える機会を広げています。平和の旅は、「平和の旅募金」に支えられています。
詳しくは「2016年度 平和の旅募金」ページをご覧ください

PAGETOP