「畑のがっこう第2回 秋野菜の植え付け]を開催しました報告

2016年9月 7日

9月3日、埼玉県飯能市宮沢湖周辺の畑で「畑のがっこう 第2回 秋野菜の植え付け」を開催し、子ども31人を含む18家族63人が、地元の生産者団体「飯農会」に指導いただきながら、カリフラワー、キャベツ、白菜、ブロッコリーの苗を各300苗植え付けました。

参加者からは「娘がとても熱心に植えていて感心しました。土に親しむことは、感性を育ててくれると感じています」「里山風景、畑仕事、懐かしかったです。なかなか体験できることではないので良かったです」などの感想が寄せられました。

「畑のがっこう」は、食べ物を育てる喜びと苦労を知り、食べ物を大切にする気持ちを育てる取り組みです。飯能市観光・エコツーリズム推進課と共催し、苗の植え付けから収穫までを3回にわたり体験します。
・6月開催 さつまいもの植え付けの報告はこちら

コープみらいでは、さまざまな企画やイベントを通じて、たべることをたいせつに、笑顔あふれる食卓をつくるコープみらいの食育「たべる、たいせつ」の取り組みをすすめています。「畑のがっこう」のほか、お米作りを体験する「田んぼのがっこう」(川島町)や「田んぼの教室」(吉川市)を開催しています。

コープみらいの食育「たべる、たいせつ」の取り組みについて 詳しくはこちら

埼玉県本部

小さな苗を1株ごとていねいに植えました

小さな苗を1株ごとていねいに植えました

生産者(写真:左)から植え付けについて教わりました

生産者(写真:左)から植え付けについて教わりました

秋野菜の苗/・1200苗が植え付けられました

秋野菜の苗/・1200苗が植え付けられました

PAGETOP