おすすめ! コープの商品

CO・OPそのまま使える!大豆フレーク

国産大豆をそのまま丸ごとフレーク状にした、「そのまま使える!大豆フレーク」。スープやサラダなどのいつもの料理に振り掛けるだけで、手軽に大豆の栄養を取ることができます。
昨年12月号でプレゼント企画を実施したところ、コープネットグループ全体で850人を超える組合員の皆さんからご応募いただき、多くの好評の声が寄せられました。
今回は、声をお寄せいただいた組合員にお話を伺いました。

こんな商品、待っていました!

約90%の方が「買いたい」と回答しました!12月号で実施したプレゼント企画の後、約90%の方が「購入したい」「やや購入したい」とアンケートに回答しました。

「もっと手軽に大豆の栄養を取りたい!」――そんな組合員の声から昨年の秋、生まれた商品が「そのまま使える!大豆フレーク」です。国産大豆を蒸した後すりつぶし、乾燥させてフレーク状にしました。賞味期間が180日間あり、加熱済みなのでそのまま食べられ、たんぱく質や食物繊維などの栄養が、大豆とほぼ同じ量含まれています。

プレゼント企画に応募したいばらきコープの組合員、鈴木礼子さんは、「子どもはしょっぱいものが好きだし、夫は勤務時間が不規則で、深夜に食事をすることもあります。たんぱく質や食物繊維などの栄養が豊富な大豆は普段から取るようにしていますが、大豆を一から調理するのは大変。手軽に大豆の栄養が取れる、こんな商品、待っていました! 」と、今では大豆フレークの大ファンです。

料理の味を邪魔せず、幅広く使える

鈴木さんの写真

お気に入りの大豆フレークを手に、にっこりの鈴木さん

気になるけれど、使い方が思い浮かばない......そんな方は、みそ汁や卵焼きなど、まずはいつもの料理に取り入れてみることをおすすめします。鈴木さんは、「一口つまんで食べてみたら、パン粉のようにサラサラしていて、味にクセがないので、どんな料理にも使えそうだと思いました。鶏つくねに混ぜたら、“ふわふわしておいしい”と家族に好評でしたよ。パンケーキなど、デザートにも合うと思います。

いろいろ試してみたら、“あっこれに合うんだ!” “次はこうしてみよう”と想像力がふくらみました。次はカツの衣にしてみたいです。友達にもおすすめしています」と、今では大豆フレークの大ファンです。

皆さんから寄せられたアンケートの回答でも、「焼きそばのかつお節代わりにした」「スムージーに入れた」など、幅広い料理に生かされ、「豆類が苦手な子どもも、おいしいと食べてくれた」と好評の声が寄せられています。

毎日の暮らしに取り入れて、家族で元気に

「食事は毎日のこと。大豆フレークを上手に使い、バランスの良い食事で、家族みんなで元気に暮らしていきたいです」と鈴木さんは話します。
組合員の声から生まれ、育てられている大豆フレーク。コープならではの商品を、ぜひお試しください。

なるほど!大豆フレーク活用術

【広報誌2015年5月号より】