コープネット食品安全・品質保証 5つの方針にそって

  1. 商品の企画から提供するまでの全ての工程における管理(フードチェーン全体の総合的、体系的取り組み)
  2. 食品の仕入れに関する管理(日本生協連やお取引先との協力・協同の取り組み)

フードチェーンのつながりにおけるコープネットグループの取り組み例

食品安全・品質保証の取り組みは、食品の仕入れから提供するまでの全ての工程の中で総合的、体系的な取り組みが必要です。また組合員にもフードチェーンの担い手として食卓というゴールまで安全を届けることをお願いしています。

  1. 食品安全・品質保証にかかわる法令順守の徹底

食品に関する法令の順守を徹底し、偽装や表示のごまかし等の違法行為を予防するためにも、正直な事業姿勢やコンプライアンス体制の確立を重視し、お取引先にも要請します。

  1. 食品に関する正確かつ適切な情報提供の積極的推進

組織内外(組合員・消費者、お取引先、行政、職員、外部専門家等)におけるコミュニケーションを積極的に進め、食品安全情報の確実な伝達を図ります。

  1. 食品を取り扱う職員としての主体的力量の向上

食品を取り扱う職員に必要な力量の向上をはかるため、職員の教育体系、集合研修における食品安全・品質保証カリキュラム、各事業における教育・訓練等、継続的に食品の安全性確保に関わる知識および技術の習得およびそのレベルアップをめざします。

  • 食卓を笑顔に 食の安心だより4、5
    コープネットグループの食品安全・品質保証の取り組みをまとめた冊子を制作しています。組合員・職員・お取引先とのコミュニケーションに活用しています。
    2014年度はこの冊子の内容をダイジェストにしたリーフレット「ほぺたんと学ぶコープの食品安全」を2シリーズ発行しました。
  • 食品安全・品質保証ハンドブック5
    コープの職員を対象に配布するテキストです。食品を取り扱うプロとしての基本事項が掲載されています。職員の基礎教育として活用しています。
    2014年度はコープネットグループ対象職員5,293名に対し5,054名(95.5%)教育を行いました。
  • お申し出学習資料5
    組合員からのお申し出を直接受ける現場職員のためにニュースを発行しています。組合員の不安を受け止め少しでも早く解消するための知識学習を進めています。
    2014年度は急激に増加した異物混入について「知っておきたい!お申し出対応のポイント」「お申し出から学ぶ商品豆知識」を発行しました。
  • 品質保証研修会4
    年に一度お取引先に参加していただき開催します。コープネットグループの品質保証の取り組み、お取引先による事例紹介、専門家の講演を通してフードチェーン全体のレベルアップを図ります。
    2014年度は329社の参加があり、異物・異臭・お申し出分析に関する事例紹介やフードディフェンス、アレルギーについての講演を行いました。
9月に開催された品質保証研究会

9月に開催された品質保証研究会

  • 出前学習会4
    食の安全に関するリスクコミュニケーションの取り組みとして、組合員、行政などの依頼で出前学習会の講師として参加しました。
    2014年度は30回行いました。
1月にさいたま市「食のフォーラム」で開催された出前学習会

1月にさいたま市「食のフォーラム」で開催された出前学習会

  • イベント出展4
    コープの行うイベントで、「科学を通じて食の大切さを学ぶ」ことをコンセプトにしたゲームや実験を行います。
    2014年度は9カ所で行いました。理系大学生の団体「キッチンの科学プロジェクト」でのコラボレーションによる出展も行い好評でした。
ゲーム感覚で楽しく食について学べると子どもたちにも大人気(9月に開催されたコープみらいフェスタ)

ゲーム感覚で楽しく食について学べると子どもたちにも大人気(9月に開催されたコープみらいフェスタ)