総代

総代って、なあに?

コープは、組合員が、出資し、利用し、運営に参加します。

コープの主人公は、334万人の組合員一人ひとりなんですね!だから、大事な事はみんなで決めます!

でも、334万人全員が集まるのはたいへん…。

そこで!組合員の代表を選びます!!それが、総代です♪

総代は、「総代会」で組合員の代表としてコープの事業や活動の基本方針を決めます。コープの主人公は組合員一人ひとり。

しかし、334万人を超える組合員が集まることは難しいため、各地域から総代を選んでいます。選挙区ごとに定数があり、定数の合計は約1,300人です。

任期は1年で、通常総代会後に総代選挙をおこなっています。

各地域で総代立候補者の選出をすすめているのね。

総代の1年の流れ

9月

総代懇談会

11月・翌年3・5月

ブロック別総代会議

6月

通常総代会
議案決議を行います

総代会とは?

総代会はコープ全体の意思を決めるもっとも重要な会議です。

年1回6月に定例で開催するものを「通常総代会」といいます。

通常総代会で決めることは、コープの事業計画や予算の決定、役員(理事・監事)の選出、経営上の方針などです。

総代会とは?