中途採用(正規職員 エリア・専任)【宅配事業】:Q&A

配属・異動

  • Q1 : 配属事業所は、どのように決まりますか?
  • A : 入職時の居住地からの通勤時間を考慮し、配属を決定します。
  • Q2 : マイカーでの通勤は可能ですか?
  • A : 事業所へのマイカー通勤は、駐車場に余裕のある事業所及びマイカー通勤が必要な事業所に限り認めています。
  • Q3 : 社宅・寮はありますか?
  • A : 借り上げ社宅があります。(条件付かつ制限有)
  • Q4 : 宅配センター以外への異動はありますか?
  • A : 宅配センター以外への異動はありません。配属は宅配センターのみとなります。
  • Q5 : 事業所の異動はありますか?
  • A : 事業所の異動は、2~3年で異動となる場合が多いです。しかし、人によって異動時期は異なります。

教育・就業条件

  • Q1 : 教育制度はどのようなものがありますか?
  • A : 理念、ビジョンや行動指針を学ぶための教育研修や、生協を支える事業である小売に関する知識・技術取得のための教育研修を柱に行っています。
    また、学ぶ意欲のある職員を支援するため、充実した通信教育、外部研修参加への補助、資格取得者への表彰制度もあります。

【研修 一部抜粋】
採用時研修、安全運転訓練、商品学習、高齢者疑似体験、任用者研修、農業体験研修、産地研修、フォロー研修、他

【通信教育 一部抜粋】
生協入門、生協初級、生協中級、商品基礎知識、食生活プランナー検定講座、食品担当者能力育成講座、商品の知識と販売促進講座、色彩検定受験、英会話、サービス介助士受験、国内旅行業務取扱管理者、消費生活アドバイザー通信講座、販売士検定、各種マネジメント講座、各種ビジネス講座、他

  • Q2 : 有休はとれますか?長期休日はありますか?
  • A : 有給休暇は、計画的な取得を推進しています。
    長期休日は、夏季と冬季に取得できます。事業所の職員と協力して、交代で取得しています。
  • Q3 : 育児をしながら働きたいと思います。育児に関する制度はありますか?
  • A : コープみらい(旧ちばコープ・旧さいたまコープ・旧コープとうきょう)・コープネットでは、仕事と家庭の両立(ワーク・ライフ・バランス)を目指し、正規職員・パート職員・性別に関わらず、出産・育児に関する休暇や時短の取得を推進しています。
次世代育成支援行動計画のページへ

仕事内容(宅配事業)

  • Q1 : 運転するトラックの大きさはどのくらいですか?
  • A : トラックは1.5トン車、オートマチックです。
    2017年3月10日までに取得された方は普通自動車運転免許(AT限定可)で運転可能です。
  • Q2 : 地域担当にはどのような仕事がありますか?
  • A : 主な業務に(1)配達 (2)利用促進 (3)アポイント (4)共済のおすすめ の4つがあります。
    • 1.配達は、組合員さんへご注文いただいた商品をお届けする仕事です。曜日ごとに決まったルートで、組合員さんへ商品をお届けします。配達時に、組合員さんからのご意見・ご要望をいただき、本部へフィードバックするのも重要な業務です。
    • 2.利用促進は、宅配を継続してご利用いただくための業務です。おすすめ商品のご案内や、ご注文をお忘れの組合員さんにご連絡をする業務です。
    • 3.アポイントとは、生協に未加入の方に、コープデリ宅配のご案内をするためのきっかけ作りです。新規の組合員さんを増やすことも重要な業務です。
    • 4.共済のおすすめは、組合員さんにCO・OP共済のお知らせやお手続きをする業務です。課題の開始時期は、研修を経て募集人資格を取得してからになります。
  • Q3 : 業務課題にノルマはありますか?
  • A : 個人・チーム・センターそれぞれに、目標件数があります。しかし、達成率が歩合制等で給与に反映されることはありません。
  • Q4 : トラックの運転訓練はどのような内容ですか?
  • A : 事業所に配属される前に、教習所を利用した運転訓練を行います。事業所配属後は、OJTにて訓練を行います。先輩職員がトラックに同乗し、少しずつ、公道での運転に慣れていきます。
    運転訓練機関は平均で約8週間ですが、個人の習得状況に合わせます。生協職員として、事故のない安全運転ができるようになる事を重視しています。ほとんどの職員がトラックの運転は未経験で入職しますが、単独運転で組合員さんへ商品をお届けできるようになります。
  • Q5 : 事故を起こした場合、ペナルティーはありますか?
  • A : 事故を起こした場合は、反省と教訓化をきちんと行います。事故の内容を職員が共有し、再発防止に務めています。ただし、悪質な違反等が発生した場合は、懲戒の対象とします。