新卒採用:就労条件

年間所定時間・休日等

注)年度によって異なります。

※ 横にスクロールしてご覧ください
業態区分 所定時間 休日
年間 年間
宅配事業 1,936時間15分 38時間45分 114日 2日基本
店舗事業 2,008時間 40時間 114日 2日(指定)

休暇・休職・時短等

※ 横にスクロールしてご覧ください
制度 取り扱い 内容
有給休暇 40日上限に繰り越し可
(別途積立有給制度あり)
初年度10日、上限20日
生理 生理休暇 必要な期間 毎潮2日までは有給、以降は無給
結婚 結婚休暇 本人結婚時 連続7日
(本人の子女連続2日、兄弟姉妹1日)
有給
妊娠 妊婦保護による時短 6カ月まで1日に1時間
7カ月以降1日に2時間まで
を始業前と始業後に30分単位で取得できる
有給
妊婦保護の小休止 休憩時間と別に午前・午後各15分 有給
つわり・通院休暇 半日単位で取得できる 通算14日 有給
出産 出産休暇 通算15週(産前7週、産後8週含む) 無給
健康保険と共済互助会から給付あり
妻の出産時休暇 妻の出産時 通算3日 有給
育児 育児休職 0才から満3才まで
男性も取得できる
無給
雇用保険から給与の50%支給
育児時間(女性) 満1歳に達する月度〆日まで
1日2回(1回45分)取得可
(まとめて取得も可)
有給
育児時短 小学4年生終了まで
1日2時間まで始業・就業時に取得できる
時短分無給
子の看護休暇 小学校入学まで
特別休暇として1年に通算5日まで取得できる
有給
通勤時間配慮 育児時短を利用している職員は、
通勤時間を1時間以内の事業所への
配属希望者は配慮する
希望者
介護 介護時短 1事由につき、通算1年以内
2時間までを始業・就業時に取得できる
時短分は無給
介護休職 通算1年間。
積み立て有給休暇使用可能
無給
  • 育児・介護休暇、時短については勤続6ヶ月以上で休職期間満了後、引き続き勤務が可能な職員が対象

その他の制度

  • ・定年者再雇用制度
  • ・雇用形態間異動制度:正規職員が、個人の都合により、パート職員として雇用形態を異動し、その後に、再び正規職員として異動できる制度です。