コープみらいからのお知らせ 報告

2014年04月03日

「ユニセフ・ラブウォークin草加宿」を開催しました

3月30日、東南ブロック委員会と埼玉県ユニセフ協会が共催し、くらぶ「ライスクッキー」、「草加ウォーキング会」、「草加宿案内人の会」のご協力で開催、84人が参加しました。

参加者は、国の名勝に指定された埼玉県草加市の草加松原遊歩道の松並木を、「草加宿案内人の会」の皆さんに、松尾芭蕉像や石碑などの史跡をガイドいただきながら、約2キロメートルをウォーキングし、ゴールでは草加の史跡に関するクイズにも挑戦しました。

参加者からは、「ウォーキングでの募金イベントを初めて知りました。今後も参加したい」などの感想が寄せられ、参加費など 1万6,800円をユニセフ募金としてお預かりしました。

 

ユニセフ・ラブウォークは1965年にイギリスで生まれた "健康づくりのウォーク"と"募金運動"とを結びつけた取り組みです。

コープみらいは募金活動などを通じてユニセフの活動を応援しています。詳しくはこちら

埼玉県本部

あいにくの雨模様の天気でしたが、咲き始めた桜の花や史跡など自然や歴史に触れながら散策しました

あいにくの雨模様の天気でしたが、咲き始めた桜の花や史跡など自然や歴史に触れながら散策しました

ゴールでは東南ブロック委員会の皆さんから草加の史跡に関するクイズが出題されました

ゴールでは東南ブロック委員会の皆さんから草加の史跡に関するクイズが出題されました

コープみらいからのお知らせ ページの先頭へ