コープみらいからのお知らせ 報告

2014年07月15日

消費者課題学習会「豊かな地域社会づくりのために~わたしたちができること~」を開催しました

7月8日、コーププラザ浦和(さいたま市南区)で、消費者課題学習会「豊かな地域社会づくりのために~わたしたちができること~」を開催し、さいたまエリアのブロック委員会メンバーや役職員など131人が参加しました。
消費者庁長官で元コープとうきょう組合員理事の阿南 久さんをお招きした講演会では、消費者課題に取り組む意義や、消費者運動で大切にすべきこと、消費者庁の役割や消費者の安全・安心を取り巻く法律の改正について、ご自身の生協での活動経験にも触れながらお話しいただきました。その後のワークショップでは、「コープみらい・ビジョン2025」における"地域を豊かに"を実現していくために、これからブロックでの活動に活かしていきたい具体的なアイディアが話し合われました。


参加者から「消費者庁や行政任せではなく、消費者自身が情報を共有することが大切だと思いました」、「地域でつながることが大切という生協と同じ考え方が印象に残りました」などの感想が寄せられました。

 

コープみらいは、今後の10年間の組合員のくらしと社会構造の変化を見据え、コープみらい・ビジョン2025「食卓を笑顔に、地域を豊かに、誰からも頼られる生協へ。」の実現に向けて、事業と活動をすすめています。

コープみらい・ビジョン2025について詳しくはこちら

埼玉県本部


 

消費者庁長官の阿南 久さんによる講演会

消費者庁長官の阿南 久さんによる講演会

分散会では、消費者課題にいて具体的に取り組みたいことを出し合いました

分散会では、消費者課題にいて具体的に取り組みたいことを出し合いました

コープみらいからのお知らせ ページの先頭へ