コープみらいからのお知らせ 報告

2014年11月13日

「船橋・野良しごと楽校2014 第8回」を開催しました

【たべる、たいせつ(食育)】

食に触れ、農村と都市部の交流やお互いの理解を深めるために、「船橋・野良しごと楽校(がっこう)」を、毎年開催しています。

11月9日(日)、大人41人子ども23人の参加で、8回目の船橋・野良しごと楽校が行われました。
当日は、雨がいつ降り出すかわからないお天気でしたが、午前中はちぢみホウレン草の間引きとサツマイモの収穫、午後からは船橋農産物供給センター飯島さんを講師としてロープワークを行いました。

ちぢみホウレン草の間引きは、1つの穴に1株だけ残して他の株や雑草を抜きます。なかなか見極めが難しく、取り残した株も多く、船橋農産物供給センターの鷹島さんに「60点!」と言われ、「わぁーやり直しだね!!」と再度みんなで確認しました。ちぢみホウレン草は、横に大きくなるので間引きの作業が大切だそうです。
サツマイモの収穫は、お父さんたちがマルチをはがし、つるをよけてくれた後からみんなで掘り始めました。サツマイモをおらないように、掘って掘って掘りまくっていくと、大きなサツマイモがごろごろと。紅あずまと紅はるかを1キログラムずつお土産にいただきました。

午後からは暮らしにいかせるロープワークの講習です。結び目はしっかりしているがほどくときは一気にほどけるもやい結びや、新聞や枝をしっかり結べる巻き結びや、本結びなどのいろいろな結び方を習いました。なかなかうまく結べない人に、結べた参加者が教える姿もあちらこちらで見られました。

第7回野良しごと楽校はこちらから
第6回野良しごと楽校はこちらから
第5回野良しごと楽校はこちらから
第4回野良しごと楽校はこちらから
第3回野良しごと楽校はこちらから
第2回野良しごと楽校はこちらから
第1回野良しごと楽校はこちらから

千葉県本部

慎重に、慎重に間引きをしました

慎重に、慎重に間引きをしました

飯島さんの説明で、みんな真剣に結び方を練習

飯島さんの説明で、みんな真剣に結び方を練習

サツマイモをおらないように、掘って掘って!!
サツマイモをおらないように、掘って掘って!!
ほら、こんな大きなサツマイモ3つもGET!
ほら、こんな大きなサツマイモ3つもGET!
ロープワークの成果?! パパが作ってくれたブランコにご満悦!
ロープワークの成果?! パパが作ってくれたブランコにご満悦!

【参加者の感想より】
●サツマイモを思いっきり掘れてとても楽しかった。
●サツマイモ堀りは実が深く入っていて掘り出すのに大変でした。
●ホウレン草の間引き作業で、子どもは慣れるまでどれをとったらよいのかわからないようでした。
●ロープワーク、奥深いですね、難しかったです。さっと出来るようになったらかっこいいなと思いました。家で練習してみようと思います。

コープみらいからのお知らせ ページの先頭へ