コープみらいからのお知らせ 報告

2014年11月21日

千葉県四街道市、富津市と「高齢者見守り活動に関する協定」を締結しました

11月20日(木)、四街道市とコープみらいを含む3者(㈱セブンイレブン・ジャパン、㈱地域新聞社)の「高齢者見守りに関する協定書」の締結式が行われ、鳥羽本部長とコープみらいえ施設長が参加し、佐渡四街道市長より鳥羽本部長に協定書が手渡されました。
佐渡四街道市長からは「四街道市の高齢化率も26%を超え、地域に密着・密接した方たちとの連携により孤立化を防ぎたい。これを機に見守りの輪が広がるのを期待したい。」と挨拶がありました。

また、これに先立ち11月19日付けで富津市とも「高齢者見守りに関する協定書」を締結しました。

これにより、日常業務において、地域の高齢者に対し、対象者を限定せず監視的ではない「さりげない見守り」を行い、何らかの異変を発見した場合には、その状況等を市へ連絡することとなりました。

コープみらいの地域での見守り活動への協力は90自治体となりました。

コープみらいの地域の見守り活動について、くわしくは こちら

左から、佐渡四街道市長、コープみらい鳥羽千葉県本部長、コープみらいえ鈴木施設長

左から、佐渡四街道市長、コープみらい鳥羽千葉県本部長、コープみらいえ鈴木施設長

コープみらいからのお知らせ ページの先頭へ