コープみらいからのお知らせ 報告

2015年05月01日

千葉県旭市と「高齢者見守りネットワーク事業協定書」の締結式が開催されました。

2015年4月28日(火)、旭市とコープみらいの「高齢者見守りネットワーク事業協定書」の締結式が開催されました。
締結式には事業の発足に伴い参加した49事業者が出席し、コープみらいからは千葉県本部の石渡渉外担当部長が出席しました。

明智忠直旭市長からは、「見守り事業は、多くの事業者様からお声をいただく中でスタートできました。旭市の高齢化率は27.1%となっており、特に一人暮らしのお年寄りが約900人います。さりげない見守りは地域社会において大切なことですので、参加いただき感謝しております」と挨拶がありました。

これにより、コープみらいの日々の活動において、地域の高齢者に対し、対象者を限定せず監視的でない「さりげない見守り」を行い、何らかの異変を察知した場合に旭市または警察署、消防署へ連絡、通報します。

コープみらいの地域での見守り活動の協力は117自治体となりました。コープみらいは、地域に役立つ生協として、これからも行政と連携した地域の見守り活動に協力していきます。

コープみらい地域の見守り活動について、くわしくはこちら

記念撮影

記念撮影

コープみらいからのお知らせ ページの先頭へ