【新宿区】学習会「現在の社会と社会的セーフティネットの重要性」(新宿消費生活センター分館)

2019年7月26日

「コープみらい地域クラブ」が独自に企画した活動を紹介します

現在、我が国では生活保護世帯数や貯蓄無し世帯数の増加等が進捗し、経済格差拡大と貧困が社会問題化している。これらは単に経済的な意味だけではなく、社会からの孤立、公的サービスからの脱落と言う社会的排除の問題として受け止められている。改めて、2000年代入り後、多重債務者対策として行われた民間の具体例を参考とし、社会的セーフティネットのあり方と重要性を考えることとしたい。

【主催】地域クラブ「暮らしを考える会(新宿)」

【講師】小関 隆志さん(明治大学経営学部 公共経営学科准教授)

※5/20からの受付となります。

日時 7月26日(金)13時30分~15時30分
場所 新宿消費生活センター分館会議室(新宿区高田馬場1-32-10)
参加費 500円(資料代として)
定員 先着20名(申し込み後、欠席される場合は必ず下記までご連絡ください)
締切 7月25日(木)
申込方法 下記までお電話もしくはFAX(連絡先 をご記入ください)でお申し込みください。なお留守番電話で対応することがあります。必ず連絡先を入れてください。
                   

アクセス方法

JR山手線「高田馬場駅」戸山口より徒歩約2分

お問い合わせ・お申し込み先

暮らしを考える会(新宿)小林 電話・FAX03-3203-2951

開催場所(集合場所)で探す

テーマで探す

託児の有無