コープみらいとは

お買い物・サービス

コープの商品

社会的な取り組み

参加・イベント

社会的な取り組み

第12回キッズデザイン賞で「消費者担当大臣賞」を受賞しました

コープデリ連合会は、第12回キッズデザイン賞(主催:特定非営利法人(内閣府認証NPO)キッズデザイン協議会)において、SDGs(持続可能な開発目標)を基盤においたコープデリグループの子育て応援活動が評価され、「消費者担当大臣賞」を受賞しました。

コープデリグループの子育て応援の取り組みが「第12回キッズデザイン賞」消費者担当大臣賞を受賞しました

コープみらいの下記のような社会的取り組みが高く評価されました

みんなで手を取りあって笑顔で過ごせる心豊かなくらしをめざして

組合員一人ひとりの願いを実現するため、生協では食の安全・安心、環境、子育て・食育、地域社会とくらし、平和・ユニセフ、参加と交流などについて、さまざまな取り組みを行っています。組合員の声を取り入れるのはもちろん、地域の人々とも手を取り合って、ネットワークをつくりあげ大切にサポートしています。

SDGsについて

SDGsのロゴ

2015年9月、国連で「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。アジェンダは、人間、地球および繁栄のための行動計画として、宣言および目標を掲げました。この目標が、「持続可能な開発目標(SDGs)」です。

SDGsは、17の目標、169のターゲットで構成されています。その17の目標は密接・不可分につながっていることが特徴です。なぜなら、地球規模でさまざまな課題が複雑に深くつながっており、経済・社会・環境のあらゆる課題を統合的に解決していくことが必要となるからです。世界で協調して取り組む、私たちの世界をよりよくするための「新しい道しるべ」、それがSDGsです。
2030年に目標を実現できるよう、国連はアクションを呼びかけています。

コープみらいは、ビジョン2025の取り組みを通して、SDGs2030年ゴールに貢献します。