理事長のご挨拶

コープみらい理事長 新井 ちとせの写真

組合員の皆さまの日ごろのご利用、ご協力に心より感謝申し上げます。

6月に開催した第6回通常総代会では、2017年度の事業報告とともに2018年度方針などを承認いただきました。引き続き、コープみらいのビジョン2025「食卓を笑顔に、地域を豊かに、誰からも頼られる生協へ。」の実現に向け、事業と活動を通じて組合員一人ひとりのくらしに貢献してまいります。

私たちは、食料自給率の問題や格差・貧困の拡大など社会的な課題に向き合ってまいりました。飼料用米の利用で食料自給力の向上を目指す「産直お米育ち豚」は10周年を迎え、卵、鶏肉、牛肉にも広がっています。子どもたちの未来のために組合員の皆さまからの募金を財源とする奨学金給付事業がコープみらい財団で始まり、今年110名の高校一年生へ奨学金を給付することになりました。また、核兵器のない平和な世界を実現するため全国の生協とともに取り組んでいる「ヒバクシャ国際署名」を本年度も継続いたします。

コープみらいのさまざまな活動は、誰一人取り残さない世界の実現を目指す国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」と取り組みの方向性が同じです。本年度も助け合いの組織としてビジョン2025・SDGsの実現を目指し、一人でも多くの方に「コープみらいのファンよ」と言っていただけるよう、事業と活動に取り組んでまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。

2018年6月7日
生活協同組合コープみらい
理事長  新井 ちとせ