「2019平和のための埼玉の戦争展」の開催に協力しました報告

2019年8月 2日

7月27日から29日の3日間、コルソ7階ホール(さいたま市浦和区)で、埼玉県内の団体や個人が参加する実行委員会主催「2019平和のための埼玉の戦争展」が開催され、学生など約8,500人が来場しました。
『耳を傾け 話しあうことから 始めよう』をテーマに、会場では埼玉県在住の戦争体験者による「1000歳からの平和メッセージ」や原爆投下直後の広島のジオラマ展示、戦時下のくらしの紹介、戦争を描いたアニメ映画上映、ゲストスピーカーによるピーストークなどがおこなわれました。
コープみらいは、組合員や職員が運営などに協力したほか、地域クラブの有志による「平和くらぶ連絡会」の皆さんが埼玉県内の戦跡の紹介や「平和のクイズ」などをおこいました。

コープみらいは、平和の大切さを「知り・学び・伝える」こと、また次世代に継承していくことを大切に取り組んでいます。詳しくはこちら 

●「ヒロシマ・ナガサキの被爆者が訴える核兵器廃絶国際署名」(通称:ヒバクシャ国際署名)にご協力ください
核兵器を禁止し廃絶する条約を結ぶことを全ての国に求めるために、2020年秋の国連総会まで毎年提出していく予定です。 ご協力をお願いいたします。Web署名はこちら


埼玉県本部

「平和くらぶ連絡会」の皆さんによる出展(平和パネル・平和クイズなど)

「平和くらぶ連絡会」の皆さんによる出展(平和パネル・平和クイズなど)

1000歳からの平和メッセージコーナー

1000歳からの平和メッセージコーナー

ヒバクシャ国際署名の呼びかけをおこないました

ヒバクシャ国際署名の呼びかけをおこないました

3日の開催日程になってから最多の約8,500人が来場しました

3日の開催日程になってから最多の約8,500人が来場しました

PAGETOP