新型コロナ募金から、「新型コロナウイルス感染症対策推進基金」(埼玉県)に1,000万円を贈呈報告

2020年9月14日

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、最前線で活動する医療現場、長期化する地域の子どもとその家族を支援するため、組合員に協力を呼びかけた『新型コロナウイルス感染症に負けない!緊急応援募金』から1,000万円を9月14日、埼玉県に贈呈しました。

大野 元裕 埼玉県知事(中央)、新井 ちとせ コープみらい理事長(右)、大山 克己 コープみらい埼玉県本部長 (左)

大野 元裕 埼玉県知事(中央)、新井 ちとせ コープみらい理事長(右)、大山 克己 コープみらい埼玉県本部長 (左)

コープみらいを代表して、新井 ちとせ理事長、大山 克己埼玉県本部長が、埼玉県庁を訪問し、目録をお渡ししました。
「埼玉県内の医療従事者のみなさまへ届けていただくよう大野知事に託します。有効にお使いいただけたら嬉しいです。」と新井理事長が期待の言葉を述べ、大野知事からは、「前回の5月にも寄付をいただき、必要なところにしっかり活用させていただきました。いつもありがとうございます。」と感謝の意をいただきました。
その後の懇談では、SDGs達成に向けて、貧困問題などで引き続きコープみらいと埼玉県とが一緒になって取り組みを進めていくことが話されました。

●alt●

贈呈の様子

●alt●

懇談の様子

PAGETOP