コープみらい 「ヒロシマ・ナガサキ平和の旅」参加者募集お知らせ

2024年5月 1日

~平和の大切さを知り・学び・次世代に伝える~

コープみらいでは、核兵器や戦争の悲惨な事実を知り、学び、次世代に伝えていくことを目的に「平和の旅」を実施しています。

戦跡や被爆地を自分の目で耳で肌で感じることのできるフィールドワークや被爆の証言、平和(祈念・記念)式典参加を予定しています。

2023年のヒロシマ・ナガサキ平和の旅

参加者のこえ

戦争の歴史をきちんと知ることがどれだけ大切か、またその学びを私たち若い世代がどの様に伝えていくか、簡単ではないですが、続けていくことが大事だと知ることができました。


参加者のこえ

戦争と原爆はこの世のすべてを奪うとても恐ろしいものだと感じました。
原爆資料館に展示している実物は何か「人の心を動かす」力があると感じました。


参加者のこえ

今回の旅での一番の学びは、現地に行くからこそ、実際に聞いたり、見たり、肌で感じることができた事です。目の前で生の声を聞いたことで、より深く心に刺さりました。

日程

ヒロシマ平和の旅:8月4日(日)~6日(火)2泊3日

ナガサキ平和の旅:8月7日(水)~9日(金)2泊3日

募集選考の結果、当選された方は、以下の会にご参加いただきます。

  • ◆事前交流会 7月27日(土) 10時30分~12時30分(予定)
    旅の参加者全員が事前に集まり、事前の学習・注意することや手続きの説明などをおこないます。
  • ◆体験報告交流会 8月31日(土)10時30分~12時30分(予定)
    旅の参加者全員が集まり、平和の旅を無事に終えて現地での体験や感想などを交流・報告します。
  • *会場:コープみらい コーププラザ秋葉原
    〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目5番12号 偕楽ビル(新末広) 6偕
  • *平和の旅では、参加者どうしの交流から、平和への思いや考えを知ることを大切にしています。
  • *参加者には別途詳細をご案内いたします。

行程(※予定 詳細は事前交流会にてご案内します)

ヒロシマ平和の旅

8月4日 AM 東京駅集合(新幹線内で昼食)
被爆の証言・フィールドワーク等
8月5日 終日 講演・被爆の証言・虹のひろば参加/他
8月6日 平和記念式典他
PM 広島駅発 東京駅にて解散

ナガサキ平和の旅

8月7日 AM 羽田空港集合
被爆の証言・フィールドワーク等
8月8日

終日 被爆の証言・虹のひろば参加/他

8月9日 平和祈念式典他
PM 長崎空港発 羽田空港にて解散

※現地での移動は市内電車と徒歩になります。

平和の旅参加対象

コープみらい組合員とその家族
ヒロシマ平和の旅:24人、
ナガサキ平和の旅:10人

  • ●親子で参加で参加もできます(小学5年生以上のお子さん)。
    学生(高校生以上)のみのご参加も可能です。
  • ●小・中学生は保護者同伴。保護者は高校生以上の兄弟姉妹・祖父母も可。
    高校生が一人で参加する場合は保護者の承諾が必要です。
  • ●酷暑の中、徒歩によるフィールドワークがあるため、健康で健脚な方の参加をおすすめします。
    不安な点のある方は、その旨申込時にご記載ください。

参加費

ヒロシマ平和の旅(8月4日~8月6日)
大人:40,000円
大学生・高校生・中学生:24,000円
小学生:18,000円(小学5年生以上)

ナガサキ平和の旅(8月7日~8月9日)
大人:47,500円
大学生・高校生・中学生:28,500円
小学生:25,500円(小学5年生以上)

※学生は次世代継承を重視し、30歳未満の学生とします

  • ・参加費には、往復の交通費(ヒロシマ:新幹線代、ナガサキ:航空券代)宿泊・食事(朝食2回)が含まれます。
  • ・宿泊は相部屋が基本となります。
  • ※このイベントに関する運送・宿泊に係る手配は、株式会社トッパントラベルサービス(観光庁長官登録旅行業第51号)が行います。

ヒロシマ・ナガサキ平和の旅の費用の一部は、「平和の旅募金」からの補助でまかなわれています。

申込方法

下記の申し込みフォームに入力し送信してください。

締め切り

5月31日(水)

  • ※結果は6月上旬に全員にメールにてお知らせします
  • ※平和の旅への参加者は応募動機、事前・体験報告交流会への参加の可否、過去の平和の旅の参加経験などを参考に選考させていただきます。

お問い合わせ

千葉エリアにお住まいの方

コープみらい千葉県本部 参加とネットワーク推進部

埼玉エリアにお住まいの方

コープみらい埼玉県本部 参加とネットワーク推進部

東京エリアにお住まいの方

コープみらい 東京都本部 参加とネットワーク推進部

PAGETOP