生活協同組合コープみらい 食卓を笑顔に、地域を豊かに。
秩父の森|定点観察

「竹の秋」も終わり、竹の葉は鮮やかな緑色に光っていました。木々の緑はすっかり濃くなり、植林した木はさらに背が伸びていました。カラ梅雨続きでしたが、この日にはようやく恵みの雨が降りました!生きものもたくさん見つけました。

 

この2ヶ月間で、緑が鮮やかな森になっていました。その中で竹だけは葉を黄色に変化させていました。竹はこの時期に黄葉し葉を落とすので、「竹の秋」という季語もあるくらいです。竹林は落ちた竹の葉で、滑りやすくなっていました。

 

遠めに見る森は、冬の真っ只中だった先月の様子と、変わっていないように見えますが、春分の日が間近なこの日、池にはカエルの卵が生みつけられていたり(詳しくはこちら)と、生きものたちの春の準備は着々と進んでいました。

 
最新のブログ記事