生活協同組合コープみらい 食卓を笑顔に、地域を豊かに。
秩父の森|定点観察

イベント広場の草地には、ススキがたくさん生えていて、2日前の中秋の名月に合わせたように、穂が黄金色になっていました。夕暮れ時に風がススキの穂を揺らし、耳を澄ますとあちらこちらで虫の声が聞こえ、森は一足早く秋を迎えていました。

 

8年前に植林したクヌギ、コナラが枝を広げ、園路が緑のトンネルのようになってきました。冬に間伐した植林地の木の切り株から、若芽がたくさん出ていました。一方、竹林から、植林地に新しい竹が侵食していました。

 

クヌギとコナラはどんぐりの実を落とし、もみじの葉も赤く色づきはじめ、森は冬の準備が始まっています。昨年よりたくさん実をつけたどんぐりは、森の小動物たちの大切な食べ物になるのです。

 
最新のブログ記事