生活協同組合コープみらい 食卓を笑顔に、地域を豊かに。
秩父の森|定点観察

昨夜から降り続いた雨は色づいた山もみじの葉を鮮やかに映し出し、紅葉した葉が積もった地面は真っ赤に染まっていました。午後は、すっかり晴れ上がり、青空と真っ赤な地面がとてもきれいで、森は静かに冬を待っているかのようでした。

 

雨空の下でぬれた葉はまだ緑色をたたえていましたが、クヌギ、コナラの木にはドングリがたくさんなっていました。先日の台風のせいか、木の下には、小さいドングリがたくさん落ちていました。雨がやんで、時折吹く風は、爽やかで一足先に秋を感じました。

 

「竹の秋」も終わり、竹の葉は鮮やかな緑色に光っていました。木々の緑はすっかり濃くなり、植林した木はさらに背が伸びていました。カラ梅雨続きでしたが、この日にはようやく恵みの雨が降りました!生きものもたくさん見つけました。

 
最新のブログ記事