生活協同組合コープみらい 食卓を笑顔に、地域を豊かに。
秩父の森|定点観察

つい先日、森に春が来たと思ったのもつかの間、この2ヵ月近くで木々は恵みの雨と陽の光をたっぷりと浴び、一段と緑が濃く、大きくなっていました。森では「ホーホケキョ」と鳥のさえずりが心地よく響き渡り、ひょっこり顔を出したミミズを捕食しながら、命をつないでいます。

 

ヤマザクラも咲き終え、陽が差し込む広場にカキドオシの可憐な紫色の花が私たちの目を楽しませてくれました。越冬した女王バチが巣を作らないようスズメバチトラップ(駆除器)を設置しました。

 

冬枯れの森では、木々が葉を落とし地面を覆い、水辺には氷が張っていました。午前中は陽が当たって暖かさを感じた秩父の森は、夕方になると寒さが身にしみました。

 
最新のブログ記事