生活協同組合コープみらい 食卓を笑顔に、地域を豊かに。
秩父の森|つくる・味わう・学ぶ・楽しむ


5月28日(土)、コープみらい秩父の森(秩父市)で「森のたんけんと竹のとうろうづくり」に3家族6人(うち子ども3人)、「ボランティア体験講座」に2人が参加したほか、埼玉北部ブロック委員の3人の皆さんに保全活動を視察いただきました。


真夏を思わせる強い日差しの中、参加者の皆さんは森を散策しながらイベントを運営しているNPO法人JUON NETWORKのスタッフ(以下スタッフ)からのクイズやお話で森づくりの話を聴いた後、とうろうに使う竹を参加者で協力しながら切り倒しました。その後、デザイン画をもとに灯りを思い浮かべながら竹にドリルで穴をあけ、家族思い思いのとうろうを作りました。


参加者からは、「子どもと貴重な体験ができて有意義でした」「自然を満喫しながらステキなおみやげも作れ言う事なしです」などの感想が寄せられました。


ボランティア体験講座では、植林木の間伐も体験し、スタッフから生態系の仕組みや保全活動の基礎知識、森づくりの魅力についてお話いただきました。


当日はこの他、森の保全活動が同時開催され、森を守る応援団(ボランティア10人)活動をおこないました。 詳しくはこちら

スタッフに教わりながら竹の間伐に挑戦しました(左)、好みのデザインで灯りの穴をあけました(右)
森のたんけん(左)、間伐した竹をとうろうの大きさに切り出しました(中央)、参加者の皆さん(右)

4月23日(土)、コープみらい秩父の森(秩父市)で「森のたんけんと竹けん玉づくり」に午前中3家族12人(うち子ども6人)、午後4家族14人(うち子ども7人)が参加しました。

初夏を感じさせてくれる陽射しの中、森を散策しながらイベントを運営しているNPO法人JUON NETWORKのスタッフからのクイズやお話で森づくりについて学んだ後、けん玉づくりで使う竹を参加者で協力しながら切り倒しました。
その後、子どもたちは、スタッフに教わり保護者に手伝ってもらいながら、のこぎりや鉈などを使って竹でけん玉を作りしました。けん玉で初めは上手に遊べなかった子どもたちも、次第にコツを覚え楽しみました。


参加者からは「自分たちで伐採した竹で作るけん玉は味わいが出ていい体験・思い出になりました」「日常では体験できない事、知らなかった事などいろいろな話を聞くことができて、とても楽しかったです」などの感想が寄せられました。

当日はこのほか、森の保全活動が同時開催され、森を守る応援団(ボランティア)10人が森の保全活動をおこないました。 詳しくはこちら

森のたんけんで森づくりについて学びました
参加者の皆さん:午前(写真右)、参加者の皆さん:午後
竹の間伐を体験しました(写真左)、家族で協力しながら作りました(写真中央)、竹けん玉(写真右)

3月5日(土)、コープみらい秩父の森(秩父市)で「竹の間伐体験と竹の植木鉢、シャベルづくり」に、家族など4組8人(うち子ども3人)、「ボランティア体験講座」に高校生2人を含む3人が参加しました。
皆さんは陽射しの暖かさが、春の訪れを感じさせてくれる早春の森を散策し、イベントを運営している認定NPO法人JUON NETWORKのスタッフからクイズに答えながら森づくりの話を聴いた後、スタッフに教わりながら、皆で力をあわせて竹の間伐を体験しました。


その後「竹の植木鉢・シャベルづくり」では、のこぎりや鉈などを使い、思い思いの大きさの植木鉢とシャベルを作り楽しみました。
参加者からは、「竹を切るのがおもしろかった」「家ではできない貴重な体験でした」などの感想が寄せられました。

ボランティア体験講座では、竹の間伐と植木鉢・シャベルづくりのほか、JUON NETWORKのスタッフから森づくりの話を聞いた後、伐採を体験しました。
参加のお一人にボランティア登録いただき、高校生お二人にはボランティア活動参加証明書をお渡ししました。

当日はこのほか、森の保全活動が同時開催され、森を守る応援団(ボランティア)9人が森の保全活動をおこないました。 詳しくはこちら

のこぎりや鉈で植木鉢・シャベルをつくりました
スタッフに教わりながら竹の間伐に挑戦しました(写真左)、森のクイズに答えながら森を散策(写真右)
ボランティア体験講座で植林木の伐採を体験しました(写真左)、竹の植木鉢(写真中央)、参加者の皆さん(写真右)
最新のブログ記事