生活協同組合コープみらい 食卓を笑顔に、地域を豊かに。
秩父の森|つくる・味わう・学ぶ・楽しむ

12月14日(土)「竹の間伐体験とミニ門松作り」を開催し、子ども5人を含む7組人15人が参加しました。

参加者は、イベントを運営している認定NPO法人JUON NETWORKのスタッフによる、自然に関するクイズに答えながら森の中を散策した後、スタッフや森を守る応援団に教わりながら、力をあわせて竹を切り出しました。
切り出した竹を、地元の久那町会の方に斜めに切りそろえていただき、紅白の紐や梅の花飾りなどで飾りつけ、思い思いにミニ門松を作りました。


参加者からは、「竹を伐る所からの製作だったので、いろいろな方向からイメージがわいてとても楽しめました」「子どもと自然にふれあいながら、よい時間を過ごせました」などの感想が寄せられました。

ミニ門松に使う竹の伐採に挑戦しました
作ったミニ門松を手に(写真左)切り口が笑っているように見える門松(写真右)
写真左から 角度を揃えて竹を切りました/思い思いに飾りをつけて華やかに/森のクイズに答えながら森を散策

11月23日(土・祝)「クリスマスリースづくり」を開催し、大人3人が参加しました。

                                            

イベントを運営している認定NPO法人JUON NETWORKの(樹恩ネットワーク)のスタッフによる「森のたんけん」の中で、参加者は真っ赤に色づいたカエデの木をくぐりながら森を散策したり、2018年3月にコマ打ち<こちら>して育てたシイタケを収穫するなど、冬に向かう森を満喫しました。


「クリスマスリースづくり」では、土台に使用するクズや藤のツルが、植林したクヌギ・コナラの生長を妨げることや、駆除が必要であることを学んだ後、ツルを集めて形を整え、リボンなどで、思い思いのクリスマスリースを作り楽しみました。

 

参加者からは、「雨の中でしたが、とても楽しく作ったり、話もたくさんできて勉強にもなりました」や「森の中で自然とふれあい、楽しくおしゃべりしながらのリース作りはとても楽しかったです」などの感想が寄せられました。

ツルを集めてリースの形に整えます
リボンなどで、思い思いのクリスマスリースを作りました(写真左)参加者の皆さん(写真右)

10月26日(土)、昨日降り続いた雨は止み、さわやかな秋晴れの空の下、「自然の恵みで草木染め」を開催し、1家族4人が参加しました。

参加者は、雨で濡れている外来種のセイタカアワダチソウを引き抜く作業に時間が掛かりましたが、根っこから抜きとり、花・茎・葉を煮出して、染め液を作りました。バンダナに模様をつけたい場所を考えながら、輪ゴムで縛り、染め上げました。鍋から引き上げ、バンダナを広げると自然が生み出す優しい色合いに歓声があがりました。

バンダナを煮出している間、箱の中に入っている草木を当てるゲームを行いながら、どんぐりの種類の多さを再認識しました。

また、昨年3月、コマ打ちしたシイタケのホダ木から、大きなシイタケを摘み取りました。

参加者からは、「自然と触れ合いながら、染めるのが楽しかったです」などの感想が寄せられました。

優しい色合いに染め上がりました
セイタカアワダチソウを煮出し、染め液を作りました(写真左)、運搬用一輪車2杯分の材料を集めました(写真右)
シイタケ採取(写真左)、ボランティアさんと一緒に(写真中)、晴れ上がった青空の下で準備体操(写真右)
最新のブログ記事