生活協同組合コープみらい 食卓を笑顔に、地域を豊かに。
秩父の森|森の保全管理とボランティア

6月1日(土)に「ボランティア体験講座」に6組8人が参加し、「森を守る応援団」(ボランティア)6人とともに活動を行いました。

ボランティア体験講座では、秩父の森の成り立ちやこれまでの森づくりの様子などの説明を受けながら、森を一回りしました。
座学で保全活動の基礎知識を学んだほか、広葉樹の伐倒や竹の伐倒、竹工作の一部を体験いただきました。


今回参加された方の中には、過去にイベントに参加されて大きくなってまた来てくれた方や、家族の勧めで参加された方もいました。
参加者からは「森林の成り立ちをわかりやすく教えていただき楽しく学ぶことができた」「思ったより力仕事があったが、リフレッシュ出来た」との感想が寄せられました。体験講座終了後、4人の方々にボランティア登録をしていただきました。


「森を守る応援団」の活動では、傾斜竹林でのタケノコ蹴りや竹の除伐、傾斜竹林の道の補修、もやかきなどを行いました。

森を案内
竹の枝払い(左) 伐倒した落葉樹の重さを体感(右)
「森を守る応援団」の活動の様子

5月11日(土)に「森を守る応援団」(ボランティア)9人と認定NPO法人JUON NETWORKのスタッフ4人ともに、保全活動をおこないました。
同時開催のイベントで「竹のとうろう」を作る際に電動ドリルを用いるため、応援団からもお手伝いいただきました。
また、昨年3月に植えたビワの木3本がシカの食害の影響なのか、2本枯れてしまったため、再び植える作業をおこないました。
その他、傾斜竹林のタケノコの蹴り倒しやシンジュの芽かき、竹垣作りなどの作業を進めることができました。


同時開催の「森のたんけんと竹のとうろう作り」には3組9人が参加しました。こちら

ビワの補植作業
マダケの間伐(左) 竹垣の補修(右)

4月27日(土)、「森を守る応援団」8人と認定NPO法人JUON NETWORKのスタッフ4人、合計12人で保全活動を行いました。


午前は、森のあちらこちらに顔を出しているタケノコを掘ったり、蹴り倒ししながら駆除し、同時開催しているイベントの補助等を行いました。午後は、この冬の大雪で倒れた木の処理や3月にできなかったシイタケの駒打ち、スズメバチトラップの設置等を行いました。


同時開催のイベント「森のたんけんと竹のおもちゃ作り」はこちら

傾斜竹林でタケノコ駆除
今年はタケノコが大豊作(写真左)、春先の大雪で倒れた木の処理(写真右)
スズメバチトラップ
最新のブログ記事