生活協同組合コープみらい 食卓を笑顔に、地域を豊かに。
秩父の森|森の保全管理とボランティア

12月18日(土)、「森を守る応援団」(ボランティア)9人とNPO法人JUON NETWORKのスタッフの計13人が、冬支度の森で保全活動を楽しみました。

ボランティアの皆さんは、冬の冷たい風が吹く森で、植林木の間伐や坂道階段の補修、水辺周りの整備、同時開催の「ミニ門松づくり」イベントの運営補佐など、それぞれが希望の活動をおこないました。


当日はこのほか、「ミニ門松づくり」のイベントが同時開催され、5組15人(うち子ども7人)が森のイベントを楽しみました。 詳しくはこちら

植林木の間伐
写真左から 坂道階段の補修/水辺周りの整備/間伐した植林木

11月20日(土)、冬支度がすすむ森で「森を守る応援団」(ボランティア)7人とNPO法人JUON NETWORKのスタッフの計11人が保全活動を楽しみました。

ボランティアの皆さんは、隣接地に掛かる傾斜地の竹の伐倒や坂道階段の補修、古竹の焼却など、それぞれが希望の活動を行いました。

当日はこのほか、クリスマスリースづくりのイベントが同時開催され、7組14人(うち子ども3人)が森のイベントを楽しみました。 詳しくはこちら

間伐材を活用して補修に使う杭づくり
坂道階段の補修(写真左)傾斜地の竹の伐倒
修理した坂道階段(写真左)、隣接地に掛かる竹の伐倒がすすみました(写真中央)、冬支度がすすむ森

10月23日(土)、森を守る応援団(ボランティア)10人とNPO法人JUON NETWORKのスタッフの計14人で、森の保全活動をおこないました。

さわやかな秋晴れの空の下、ボランティアの皆さんは元気いっぱいに森の整備で心地よい汗をながしました。
植林木の間伐、伐倒したミズキを丸太にする「玉切り」、園路にある坂道階段の補修、草木染イベントの補佐など、それぞれが希望の活動を行いました。またスタッフからチェーンソーの操作方法なども教わりチャレンジしました。

当日、同時開催したイベント参加者から、保全活動の様子を見て「里山の木々が立派に育っていて、日ごろの手入れの大切さを知りました」と感想も寄せられました。

坂道階段の補修(写真左)、スタッフからチェーンソーの操作方法を教わりチャレンジ(写真右)
植林木の間伐(写真左)、渋柿を収穫して干し柿にします(写真中央)、森もすっかり秋めいてきました(写真右)
最新のブログ記事