生活協同組合コープみらい 食卓を笑顔に、地域を豊かに。
秩父の森|コナラ・クヌギの成長の様子

2008年に植林してから13年が経過し、木々は枝葉を広げ、混みあってきました。この間、間伐や枝打ちをすすめ、植林地に光が入るようになりました。光が入るようになるとクヌギ、コナラの根が張り、さまざまな低木や草が生え、多様な生き物の生育の場になる自然豊かな森に生まれ変わります。

今回、昨年11月と12月に間伐した木を乾燥させて、シイタケの種駒を打ち、ホダ木にしました。

太さ12~15センチメートルの木を切り倒しました
種駒を木づちでたたいて入れ、井桁に組んで保管しました

すっかり葉を落としたカエデの木に湿った雪が積もり、白い花を咲かせたようでした。寒さには強いカエデですが、雪の重みで枝が折れないよう、雪を払い落としました。

10周年記念の際に植林したカエデが真っ赤に紅葉しました。武甲山を望む日当たりのいい場所で、枝を一杯広げて大きくなっています。

こぼれ落ちた種で発芽したカエデも赤く色づいていました。

最新のブログ記事