生活協同組合コープみらい 食卓を笑顔に、地域を豊かに。
秩父の森|つくる・味わう・学ぶ・楽しむ

2024年過去の記事

4月27日(土)、「森のたんけんと竹のおもちゃ作り」に、5組14人(大人6人、子ども8人)が参加しました。


森を散策し、竹の間伐体験をした後、今回初の試みとなる竹を使った3種類のおもちゃ(ビー玉転がし、竹ぽっくり、弓矢)を作りました。こども達は、それぞれ工夫を凝らしながら完成したおもちゃで遊び、交流を深めていました。


参加者からは「慣れない工具を使う体験はとても貴重。自然に親しみながら自分の力で何かを作り上げる経験は、何ものにもかえがたいと思う」「竹でいろんな物を作れることが分かりとても楽しかった」などの感想が寄せられました。


この他、「森を守る応援団」8人が保全活動を行いました。こちら

角度や長さを調整しながら、みんなで遊びました
子どものころを思い出しながら(竹ぽっくり)、弓矢で的あて
作品を手に記念撮影

3月2日(土)、「森のたんけんと竹のスマホスピーカー作り」に、3組6人が参加しました。

森を散策し、竹の間伐体験をした後、今回初の試みとなる「竹のスマホスピーカー」を作りました。のこぎり、インパクトドライバー、のみ、なたと、様々な道具を使いながらの作業となりました。

参加者からは「とても楽しく時間を忘れて集中できました」「自然の中で気分転換できるので、また参加したい」などの感想が寄せられました。


この他、「森を守る応援団」6人が保全活動を行いました。こちら

細かな作業を慎重に

竹の間伐体験(写真左)のこぎりで切り出し(写真右)

作品を手に記念撮影(写真左)作品例(写真右)
最新のブログ記事