生活協同組合コープみらい 食卓を笑顔に、地域を豊かに。
秩父の森|森の保全管理とボランティア

12月16日、ボランティア体験講座と森を守る応援団の活動を開催しました。

ボランティア体験講座には2人が参加し、午前は同日開催のイベント「竹の間伐とミニ門松作り」、午後は秩父の森の視察と広葉樹の間伐を体験しました。

森を守る応援団の活動では、森を守る応援団(ボランティア)4人をはじめ、NPO法人樹恩ネットワーク(JUON NETWORK)と埼玉県本部職員の合計10人で、前回切り倒し180センチメートルに切りそろえたシイタケのホダ木約25本を、森林ボランティア活動を行っている方の指導のもと、山中に張ったワイヤーと滑車を使用して、約150メートルほど運びました。

搬出したホダ木は、3月にしいたけのコマ打ちをしたあと、9月を目安にホダ場への設置を予定しています。

ボランティア体験講座では広葉樹の間伐を体験しました 
山の中をワイヤーを利用して運びます(写真左)、4回に分けて移動させました(写真真ん中)、途中地点は仮置き場所を作成(写真右)

11月23日(木・祝)、森林ボランティア活動されている方を講師に迎え、「森を守る応援団」5人、NPO法人樹恩ネットワーク(JUON NETWORK)、事務局合わせて合計11人で、シイタケのホダ木に使用する木の伐採を行いました。

「森を守る応援団」の方が所有している雑木林から、森林ボランティア活動をされている方の指導を受けながら、樹齢20年を迎える太さ20~30センチメートルくらいのコナラの木を、8本切り倒しました。切り倒した木は長さ180センチメートルに切り揃えて、ホダ木を約30本を作りました。


ホダ木は今後、秩父の森まで運び、しばらく乾燥させた後、3月のシイタケのコマ打ちを体験で使用します。

伐り倒したい方向と反対側からも、ノコギリで切込みをいれます
安全に作業できるよう事前説明(写真左)、ロープを使って切り倒す方向を調整(写真右)
年輪の幅が広い切り株(写真左)、ケーブルを使って運び出す準備(写真左)

9月16日(土)、ボランティア体験講座に1人が参加し、秩父の森で活躍しているボランティア「森を守る応援団」の活動を体験していただきました。

ときおり小雨が降る中、森の保全のために参加していた「森を守る応援団」5人と一緒に、午前中は平地竹林の竹を間伐し、ウメやカエデの木に巻きついているクズのツルを取り除く作業を行いました。午後は、スタッフ(認定NPO法人JUON NETWORK)から、秩父の森の成り立ちや今後の目指す姿、保全活動の内容等の説明を受けました。

また、「森を守る応援団」の皆さんは、水辺の管理など冬に向けて必要な森の保全活動をはじめ、同時開催の「生きものさがし」イベントの補佐としても活躍いただきました。

イベント終了後、池から取り除いた落ち葉の中に、ヤゴを発見しました。このまま越冬して、来年の秋、トンボになって大空を飛ぶのでしょう。

イベント参加者と一緒に記念撮影
池の落ち葉を取り除きました(写真左)、発見したヤゴ、そのまま池に戻しました(写真右)
怪我のないよう準備体操を入念に行いました
最新のブログ記事