千葉エリア「コープみらい ちばインフォメーション」

千葉エリアでのイベント募集や、開催報告、組合員の皆さんの声などを紹介する情報誌です。ぜひご活用ください。

2017年3月13日号

「コープみらい ちばインフォメーション」のイメージ

PDFでご覧になれます。

  • ・参加者募集  多古旬のお米くらぶ2017
  • ・参加者募集  幽学の里でお米づくり交流
  • ・2016年度 コープみらい八街の森 プレーパーク実施報告
  • ・参加者募集  ユニセフ 真珠まりこさん講演会「もったいないには愛がある」
  • ・コープみらいカレッジ千葉校 3期生の卒業式が行われました
  • ・参加者募集  親子企画 春の谷津田のいきものさがし
  • ・お店からのお知らせ  電子マネー機能つき ほぺたんカード新登場
  • ・2016年度 コープみらい財団 社会貢献活動表彰制度と助成金
    千葉エリアの受賞団体紹介

2017年2月27日号

特集記事 バックナンバー

2017年1月30日号
彩りの王様 ブロッコリー

フライパンで作るブロッコリーのキッシュ風の写真

ゆでると色鮮やかな緑になり、お弁当やサラダに大活躍のブロッコリー!
今が旬のブロッコリーについて千葉シールズの生産者、林照伸さんの畑におじゃましてお話を聞きました。

2016年12月12日号
真っ赤なかわいい卵形!アイコ ミニトマトの人気者!

レンコンピリ辛いための写真

ミニトマト「アイコ」は、果肉が肉厚で中のゼリーが少ないので、子どもが食べた際でも服が汚れる心配がないとの声が多い人気の商品です!ミニトマトの栽培をして25年、長生産直の生産者中田幸晴さんにお話を伺いました。

2016年11月28日号
旬をお届け “農めーくくらぶ”野菜セット

レンコンピリ辛いための写真

野菜セットとは“農めーくくらぶ”がおすすめの季節の野菜セットです。今回は“農めーくくらぶ”のメンバーの伊東さんと𡈽方さんにお話を伺いました。

2016年11月14日号
ほんのりフルーツのかおり アロマレッド

アロマレッド(ニンジン)スティックの写真

ちょっとおしゃれな名前のアロマレッド(ニンジン)を紹介します。
富里産直の生産者、村田さんの畑を訪ねました。

2016年10月17日号
匠のさつまいも シルクスイート

シルクスイートの写真

人気急上昇のシルクスイートを食べたことがありますか? まるでシルクのような滑らかさ、上品な甘さのサツマイモです。 多古町旬の味産直センターの生産者、佐藤一夫さん、和江さんご夫妻に シルクスイートのお話を伺いました。

2016年9月5日号
ちばベジレポート ほんのり甘くて「生落花生」ホクホク

生落花生の写真

落花生と言えば千葉県ですよね! 今、ゆでて食べる「生落花生」が収穫時期を迎えています。
まさしく「今が旬」!今回は、房総食料センターの生産者、林将子さんの落花生畑でお話を伺いました。

2016年7月11日号
ちばベジレポート 香りと風味さわやか 日本古来のハーブ「大葉」

ちくわの大葉巻きの写真

夏の冷たい麺類や刺身のツマとして欠かせない「青じその葉・大葉」について、香取市にある 農事組合法人和郷園の生産者の中川裕史さんにお話を聞いてきました。

2016年6月27日号
ちばベジレポート 甘くてほくほく「九重栗カボチャ」千葉ブランド

九重栗カボチャのチーズ焼きの写真

栄養豊富でほくほく感が強く、調理しやすい新タイプの九重栗カボチャが旬を迎えました。コープみらいの産直団体が学習を重ねて作ってきたハート型の「九重栗カボチャ」の成長を、富里産直と長生産直の生産者 にご協力をいただき追ってみました。

2016年5月30日号
ちばべじレポート 私のハートをキャッチ! キュートなトマトベリー

生産者、トマトベリーを使ったサラダの写真

昨年から話題になっているイチゴの形をしたミニトマト、トマトベリー。
甘く肉厚で、味に癖が無く、トマトの苦手な人でも食べやすいと評判です。
評判を聞いてトマトベリーを作っている房総食料センターの生産者にお話を聞いてきました。

2016年5月2日号
千葉県産地めぐり in (農)長生産直

生産者、斉藤光慶さんの写真

長生産直は、自然に恵まれた温暖な気候ときれいな水、 そして水はけのいい砂地で、経験豊かな農家が愛情こめて農産物を育てています。 今回はたまねぎの生産者である斉藤光慶さんの、たまねぎ畑にお邪魔してお話を伺いました。

2016年4月4日号
千葉県産地めぐり in JA長生

生産者、貝塚文和さんの写真

JA長生は、自然に恵まれた温暖な気候ときれいな水、そして水はけのいい砂地の土地で、経験豊かな農家が愛情こめて農産物を育てています。今回は春トマトの生産者である貝塚文和さんのトマトハウスにお邪魔してお話を伺いました。

2016年2月22日号
千葉県産地めぐりin(農)和郷園

千葉県香取市に位置する和郷園では、約100軒の生産者がホウレン草やジャガイモ、 キャベツなど、私たちになじみのある野菜を育てています。 今回は、一度食べたらまた食べてみたいと人気急上昇の「フルティカトマト」を紹介します。 また、こちらもリピーターが増えている 和郷園直営の「THE FARM~農園リゾート~」も合わせて紹介します

2016年2月8日号

今年度、ちばインフォメーションでは千葉県の産直産地を紹介してきました。今回、産地から自慢の野菜を使ったレシピを提供していただきましたので紹介します。

【レシピ提供】
JA全農千葉、佐原農産物供給センター、富里産直、多古町旬の味産直センター、長生産直、千葉シールズ、船橋農産物供給センター、房総食料センター、和郷園

自慢のレシピを動画で紹介します。

2016年1月25日号
千葉県産地めぐりin(農)長生産直

糖度が高く、みずみずしさで有名な白子の玉ネギ。 玉ネギの収穫にはちょっと早いこの季節、ネギのやわらかさと玉ネギの甘みの いいとこ取りをした「葉たまねぎ」が旬を迎えています。 今回は(農)長生産直の生産者にお話をうかがいました。

2015年12月14日号
千葉県産地めぐりin(農)船橋農産物供給センター

これから霜に当たってますますおいしくなるほうれん草。おひたしやソテー、みそ汁の具など冬の食卓には欠かせない緑黄色野菜の代表格ですね。今回は、千葉県内の主な産地船橋市にある「船橋農産物供給センター」に伺い、旬のおいしさや栽培について生産者に話を聞きました。

2015年11月16日号
千葉県産地めぐりin(農)佐原農産物供給センター

食欲がすすむ秋。旬をおいしく味わいたいし、家族にもおいしく食べさせたい! そこで今回は、千葉県の北東部に位置する(農)佐原農産物供給センターの女性部に、 ブロッコリーと、サツマイモの 特徴やおいしく簡単に作れるレシピを聞いてきました。

2015年10月5日号
千葉県産地めぐり in (株)千葉シールズ 今だけ旬の葉付き青首大根お届けします

日本一のサンマの水揚げを誇る漁港といえば銚子。今の時期はなんといってもサンマ! 焼いたサンマに大根おろしは最高の組み合わせ。日本人なら一般的な食習慣ですね。そこで今回は県内でも有数の大根の産地「銚子」を訪ね、これから大根の収穫が始まる(株)千葉シールズの生産者に話を聞きました。

2015年9月21日号
千葉県産地めぐり in (農)富里産直

コープみらいと35年以上もお付き合いがあり、北総台地の豊かな恵みを届けてくれる富里産直を訪ねました。今年も長い日照りが続きましたが、取材に伺った日は小雨で種まきが終わったばかりのニンジンが芽を出すための恵みの雨となりました。畑にはこれから収穫を迎えるサトイモの「石川早生」と「土垂れ」が大きく成長していました。

2015年8月24日号
千葉県産地めぐり in 多古町旬の味産直センター&多古旬のお米 おいしく食べよう!!

自前の育苗ハウスや精米工場を持ち、地元で生産したものを安心して食べてもらえるよう一貫した管理を行っている多古町旬の味産直センターを訪ね、精米工場の見学や、若手生産者のお米作りに対する思いを聞いてきました。

2015年7月27日号
千葉県産地めぐりin JA長生 ながいき梨 旬、真っただ中!今がおいしい!

千葉県内で最初に出荷される一宮・岬地域を訪ね、梨組合販売部長の緑川慶一さんにお話を聞きました。

2015年6月29日号
千葉県産地めぐりin房総食料センター 旬の味覚をご堪能ください!

コープみらいと30年以上も取り引きがある房総食料センターは、25歳から80歳の生産者がおり、青年部「房総SUN’S」がベテラン生産者のこれまで積み上げてきたものを受け継ぎながら、野菜づくりに挑戦しています。