生活協同組合コープみらい 食卓を笑顔に、地域を豊かに。
秩父の森|森の保全管理とボランティア

ボランティアさんに協力いただき、草刈りを行いました

クヌギとコナラの苗木を植えた植林地は、5月に下草刈りを行ったにもかかわらず、
要注意外来生物オオブタクサやセイタカアワダチソウ、クズなどが繁殖していました。苗木に陽が当たらなくて、まだひょろひょろとしている苗木が枯れてしまいます。

そこで、7月23日コープ秩父の森ボランティアさんなど4人で草刈りを行いました。
じりじりと真夏の太陽が照りつける中、1時間ごとに休憩を取り、下草を引き抜いたり、鎌で刈ったりしながら、苗木を救出しました。

苗木が育つより下草がどんどん伸びて、草刈りはこの時期の重要な作業です。
草刈前(写真左)と草刈後(写真右)、太陽の光を浴びて大きく育ってほしいです。
最新のブログ記事