フードドライブにご協力ください
~「もったいない」から「ありがとう」に~

コロナ禍の影響による休業や失業などで生活の苦しい家庭が増え、フードバンクへの食品の支援要請はますます増加しています。
今後も組合員の皆さんのご協力をお願いいたします。

フードドライブとは

家庭で余っている食べ物を持ち寄り、フードバンクを通じて地域の福祉団体や施設などに寄贈する活動です。皆さんの家庭から集まった食品によって、食べる喜びや社会とのつながり、安心を届けることができます。

フードバンクとは

品質に問題がないのに廃棄せざるをえない食品を、企業・団体・個人から寄贈してもらい、必要としている方にお届けする活動です。

2021年12月1日、コープ市川店にいちかわフードバンクのフードドライブボックスが設置され食品寄贈が始まりました。 今までフードバンクふなばしに寄贈されていた食品は、今後いちかわフードバンクを通じて市川市の福祉団体や子ども食堂などに提供されます。

千葉県内の主なフードバンク

「フードバンクちば」ホームページ(千葉県全域)

特定非営利活動法人「フードバンクふなばし」ホームページ(船橋市)

「とうかつ草の根フードバンク」facebook(東葛全域)

「いちかわフードバンク by フリースタイル市川」ホームページ(市川市)

フードドライブ受け付け会場

千葉県内8店舗では、年間を通じて食品の寄贈を受け付けています。

千葉県フードバンクと生協による
フードドライブキャンペーン実施報告

昨年の約3倍!2.6tもの
食品を寄贈いただきました
たくさんのご協力
ありがとうございました!!

コープみらいでは、毎年9月~11月に県内のフードバンク、生協と連携してフードドライブキャンペーンを行っています。今年は、店舗や組合員活動の場に加えて、コミュニティハウス(地域での宅配受け取り拠点)でのフードドライブも実施し、昨年の約3倍、2,634kgもの食品をお寄せいただきました。フードバンクを通じて必要とされる家庭にお届けします。

現在も生活に苦しむ家庭からの支援要請は増え続けています。今後も組合員の皆さんのご協力をお願いいたします。

コープみらいが進めてきた「食品ロス」と「貧困」という課題の解決に向けたフードバンクへの食品の寄贈量は2019年の1.9倍と大きく広がりました。ご協力ありがとうございました。

2020年度
フードバンクへの寄贈報告

食品 9,201kg

紙オムツ 5,358

2021年3月20日までの累計

フードドライブ

店舗やイベント会場などでお預かりした
食品の寄贈

9,120kg

事業からの寄贈

運搬途中で破損したお米の寄贈

9,335kg

サイズが合わないなど返品された
紙オムツの寄贈

14,743

引き続きご協力お願いします。

【寄贈いただきたい食品】

  • 穀類(お米・麺類・小麦粉など)
  • 保存食品(缶詰・瓶詰など)
  • 乾物(のり・豆など)
  • 調味料各種、食用油、お菓子類
  • インスタント食品・レトルト食品
  • 飲料(ジュース・コーヒー・お茶など)
  • フリーズドライ食品
  • ギフトパック(お歳暮・お中元・贈答品の剰余など)

【注意点】

  1. 賞味期限が明記され、かつ2カ月以上あるもの
  2. 常温で保存が可能なもの(冷蔵・冷凍不可)
  3. 未開封のもの
  4. 破損で中身が出ていないもの
  5. お米は前年度産まで(玄米可)
  6. アルコール類は受け付けておりません
お問い合わせ

生活協同組合コープみらい 千葉県本部
〒260-0027 千葉市中央区新田町36-15 千葉テックビル4階

  • 043-301-6685