千葉エリア「コープみらい ちばインフォメーション」

千葉エリアでのイベント募集や、開催報告、組合員の皆さんの声などを紹介する情報誌です。ぜひご活用ください。

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により参加者の安全を考え、イベントが中止になる可能性がありますので、今後の開催状況は、お問い合わせください。

2021年5月3日号

「コープみらい ちばインフォメーション」のイメージ

PDFでご覧になれます。

  • ・体験レポート 保障の見直し電話相談
  • ・2021年度地域クラブ登録受付中
  • ・【参加者募集】クイズで学ぼう!「食の安全」
  • ・みんなで広げよう、シトラスリボンプロジェクト
  • ・コープみらい平和の旅を支える「平和の旅募金」にご協力ください
  • ・【開催報告】おうちでまなぼう コープみらいのオンライン講座
  • ・【お知らせ】千城台子育てリラックス館が移転しました
  • ・災害の備えを考えようVol.1 水と食料

2021年4月19日号

特集記事 バックナンバー

2021年4月5日号
ちばべじレポート 千葉県の生産者が育てたおいしい野菜を食べよう
~ルッコラ・ニラ~

ルッコラとニラの写真

今回は、ルッコラの生産者 林 百合香さん、ニラの生産者 越川 雅明さんにお話を伺いました。

2021年2月22日号
ちばべじレポート みずみずしくシャキッとした歯ごたえ
キュウリ&ブルームキュウリ

キュウリのキムチあえの写真

今回は、キュウリの生産者 山崎 操さん、ブルームキュウリの生産者 米本 常敏さんにお話を伺いました。

2021年1月25日号
ちばべじレポート トロっとやわらか
タアサイ & 歯ごたえシャキシャキ チンゲン菜

さつま芋とターサイ塩炒めの写真

今回は、タアサイの生産者平山 修さんとチンゲン菜の生産者芹川 春雄さんにお話を伺いました。

2020年11月30日号
ちばべじレポート 房総のしもち
家族で過ごす「お正月」

餅入りキムチみそ汁の写真

年の瀬が近づき、お正月の準備もそろそろですね。日本人にとってお正月は、新年を祝う大切な行事です。「おせち料理」と並んでお正月にかかせないものとして食べられる「お餅」。昔からお祝いごとなどの特別な日、「ハレ」の日に食べていました。家族一緒に日本の文化を味わいながら、新年をお祝いしましょう。

2020年11月16日号
ちばべじレポート あなたはどっち派? 大玉トマト or ミニトマト

アクア・パッツァの写真

野菜の中でも人気のトマト!長生産直のある白子町は温暖な気候と土壌に恵まれています。そんな土壌で大玉トマトとミニトマトを栽培している清宮義正さんにお話を伺いました。

2020年10月19日号
ちばべじレポート 「大根」1本でいろんな料理に変身しちゃう!

洋風ポトフの写真

今回は(株)千葉シールズ生産者の渡邊 洋男さんに「大根」、(農)富里産直生産者の村田 茂さんにと「ミニ大根」、それぞれの特長、栽培や収穫についておはなしを伺いました。

2020年8月24日号
ちばべじレポート 今が旬 生の落花生

落花生の写真

今回は「房総食料センター」の生産者、菊地幸江さんに「ナカテユタカ」、「船橋農産物供給センター」の生産者、飯島幸三郎さんに「おおまさり」の特長、収穫や栽培についてお話を伺いました。

2020年7月13日号
ちばべじレポート なめらか「とうや」or ホクホク「キタアカリ」

じゃがいもの写真

今回は「船橋農産物供給センター」の生産者、小関隆志さんに「とうや」、「房総食料センター」の生産者、秋葉 一さんに「キタアカリ」の特長、収穫や栽培についてお話を伺いました。

2020年5月18日号
ちばべじレポート 人と人とがつながる コープの『産直』 ~産直の5つの基本~

生産者と一緒に栽培内容や管理状況の確認を行っている様子

コープみらいの産直の取り組みが始まったのは1970年代です。組合員の「生産者の顔が見える安全な農作物を安心して食べたい」という願いと、生産者の「安全な農作物を組合員に直接届けたい」という思いを実現するために「産直の5つの基本」を設けました。

《フードバンクの活動》
明日への希望を応援しよう!

寄贈する商品のイメージ写真

フードバンクちば 代表 菊地謙さんにフードバンクについてお話を伺い、編集部が活動の体験をしてきました。

「フードバンクふなばし」の新たな取り組み、支援が必要な方に実施会場に来ていただき、食品をお渡しする「パントリーピックアップ」をの活動について、笹田さん、岡田さんにお話を伺いました。

2020年10月5日号
平和の大切さを子どもたちに伝えよう

古畑さんの写真

戦争体験者が高齢化により減少する中、日本人の記憶からあの原爆の恐ろしさが消えてしまわないうちに、私たちはこの実相を次の世代にきちんと継承していかなければなりません。
今回、核兵器の被害に二度と遭わないために、原爆の怖さを訴え続けている館山市在住の古畑さんにお話を伺いました。

2020年9月7日号
台風被害を乗り越えて 何度でも立ち上がる

椎名さん夫妻の写真

昨年の台風15号、19号から1年、一時は農業をあきらめかけていた生産者の椎名さんご夫妻に、当時の様子や今の気持ちについて伺いました。

2020年8月10日号
今できるわが家の備え

「まちかど防災・減災アドバイザー減災塾塾長」の水島重光さんの写真

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、今までと違い避難所でも人との接触距離を保つことが必要です。
そんな中でも自然災害はいつ起きるかわかりません。もしものときに備えて『今』何が必要か「まちかど防災・減災アドバイザー減災塾塾長」の水島重光さんにお伺いしました。

2020年4月6日号
被爆者の声を次世代に伝えたい!!再び被爆者をつくらないために

児玉三智子さんの写真

自分たちが体験した地獄の苦しみを二度と誰にも味わわせたくないと原爆被害の実相を語り続けている、千葉県原爆被爆者友愛会の児玉三智子さんにお話を伺いました。